« 書評:上田美和『石橋湛山論 言論と行動』吉川弘文館、2012年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:張競・評 『美人の歴史』=ジョルジュ・ヴィガレロ著」、『毎日新聞』2012年06月03日(日)付。 »

B級グルメ列伝:千葉県船橋市:らーめん かいざん 西船橋店

K1


B級グルメ列伝:千葉県船橋市:らーめん かいざん 西船橋店

千葉へ出講の際、西船橋駅で地下鉄東西線からJR総武線に乗り換えになります。
先週、授業が済んでから、結局、その日は何も食べていなかったので、早い夕方に、改札を出てから、目の前にあったラーメンやに入ったのですが、それが

「ラーメン かいざん」(西船橋店)。

あとで調べてから知ったのですが、本店が習志野の方にあり、両方とも、地域では割と有名なお店だったららしいですが、時間帯の所為もあってか、その日はのれんをくぐって、券売機で食券を買ってから、空いているカウンター席に着座。

どれにするか悩み抜いた末、その日にお願いしたのは、店舗名を冠した「かいざんラーメン」(750円)。

お客さんをみているとネギ丼だとか叉焼丼(半ライスサイズ)を一緒にオーダーするのが「ならい」のようでしたが、若干、ふところが寂しいところもあったので、ラーメンの単品のみ。

待つことしばし。

広めの鉢にもられた「かいざんラーメン」の登場です!!!

具材はチャーシュー、ネギ、海苔、ワカメとシンプルな構成。
ネギが人気と……これも後から知りましたが……ネギのほんのりのした「苦み」の旨さが印象的です。チャーシューは可もなく不可もなく合格点というところでしょうか。

さてスープは、見た目からして「味が濃いんじゃねぇの?」という風体ですが、飲んでみると、濃いというよりも「後に尾を引く」という感じで、少し驚きました。

豚骨ベースのようですが、はじめてのスープで、これは「塩とんこつ」とでもいうのでしょうか。先に「後に尾を引く」いいましたが、「とんこつ」系ではこれが初めでしたが、なかなか素晴らしい出来具合で、一番印象に残っております。

さて問題は「麺」。太さなどいたって普通ですが、その日の何かが悪かったのでしょうか……茹ですぎというか、腰がないといいますか、少々「残念」ではありました。

これがスタンダードなのか、それともその時だけの「事件」だったのか、分かりませんが、それを除くと、構成・味わいともに申し分なしというファーストインプレッションです。

次は念のために「麺は固めで」とお願いして頼んでみましょうか。

ごちそうさまでした。


かいざん 西船橋店
住所 千葉県船橋市印内町599-3 サンライズビル1階
営業時間 11:00-0:30
定休日 月曜日

K2


K3


K4


|

« 書評:上田美和『石橋湛山論 言論と行動』吉川弘文館、2012年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:張競・評 『美人の歴史』=ジョルジュ・ヴィガレロ著」、『毎日新聞』2012年06月03日(日)付。 »

B級グルメ列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B級グルメ列伝:千葉県船橋市:らーめん かいざん 西船橋店:

« 書評:上田美和『石橋湛山論 言論と行動』吉川弘文館、2012年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:張競・評 『美人の歴史』=ジョルジュ・ヴィガレロ著」、『毎日新聞』2012年06月03日(日)付。 »