« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『日本の聖地文化 寒川神社と相模国の古社』=鎌田東二・編」、『毎日新聞』2012年06月03日(日)付。 | トップページ | 書評:上田美和『石橋湛山論 言論と行動』吉川弘文館、2012年。 »

旨いもの・酒巡礼記:東京都・新宿区編「鳥やす 本店」

1

月曜日、ちょっとした打ち合わせで高田馬場へ。
夕刻、編集者のHさんの案内で、うわさに聞く「鳥やす 本店」へいってまいりました。

何といえばいいのでしょうか・・・。
引き戸をあけると、もうそこは「昭和の世界」。

「昭和の匂い」が濃厚に刻印された雰囲気のお店で、早い時間から楽しんできたしだいです。

お通しは、大根おろし(うずら玉子付)!
うずらの玉子を溶いて、串のつけだれにしてもよしw

まずは、名物の「煮込み」ではじめました。鶏ガラだしのスープで手羽先と根菜類をじっくり煮込んだ逸品で、さすが名物。口の中でとろけます。

串焼き(鶏)を種々お願いしつつ、鴨をローストしたものなんかをいただいたわけですが、どれもきちんと仕込み・焼きがなされてい、談笑しつつ舌鼓。

Hさん、いわく「今日の焼きは、イマイチですねー」とのことでした、なかなかどうして。
へたな居酒屋に入って冷凍をチンしたようなもので何百円もとるご時世を考えると、まじめに商売をしていることが伝わってきます。

まさに、これぞ手を抜かない「昭和の商売」といいますかw

さて、串の類いは、1本60円からはじまるので、酒類はいわゆる相場よりも若干高めですが、ひとりで気楽にはいってもビールとお酒1本飲んで、少々大目に食べても2000円で十分ではないでしょうか。

新しい「大人の隠れ家」が1件加わったことに、感謝です。

また、寄せていただこうと思います。


「鳥やす本店」(とりやすほんてん)
電話: 03-3368-6459
住所: 新宿区高田馬場3-5-7
営業: 17:00-23:00、無休(正月は休み)

2


3


4


5


6


7


8


9


10


|

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『日本の聖地文化 寒川神社と相模国の古社』=鎌田東二・編」、『毎日新聞』2012年06月03日(日)付。 | トップページ | 書評:上田美和『石橋湛山論 言論と行動』吉川弘文館、2012年。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旨いもの・酒巡礼記:東京都・新宿区編「鳥やす 本店」:

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『日本の聖地文化 寒川神社と相模国の古社』=鎌田東二・編」、『毎日新聞』2012年06月03日(日)付。 | トップページ | 書評:上田美和『石橋湛山論 言論と行動』吉川弘文館、2012年。 »