« 書評:塩川伸明『民族とネイション  ナショナリズムという難問』岩波新書、2008年。 | トップページ | 「近代国家の重心は、「情念としての国家」から「機能としての国家」へとシフトを移しつつある」わけですが、この国では…… »

覚え書:「みんなの広場:読書が大好き、お薦めは物語」、『毎日新聞』2012年8月2日(土)付。

201


-----

みんなの広場
読書が大好き、お薦めは物語
中学生 13(埼玉県狭山市)

 私の一番好きなことは読書です。電車の中で、家で、学校で。いつも持ち歩いている本は、私にとっての必需品です。
 特に読むのが、電車での移動時間中です。何もすることがないこのような時間の方が、読書には向いているのかもしれません。
 私は、本を読むことの最大の魅力は、自分以外のさまざまな人の気持ちになって物語の世界に浸ることができることだと思います。そう思っている私のお薦めは、やはり物語です。
 また、本をたくさん読んでいれば、友達と感想を言い合ったりして話題にすることもできるかもしれません。そんな小さな、ささいなことが普段の生活をちょっぴり楽しく、明るく色づけてくれるのではないでしょうか。
 読書をして、普段より充実した生活、そして普段より新しい自分にしてみませんか。
    --「みんなの広場:読書が大好き、お薦めは物語」、『毎日新聞』2012年8月2日(土)付。

-----


202x


203


|

« 書評:塩川伸明『民族とネイション  ナショナリズムという難問』岩波新書、2008年。 | トップページ | 「近代国家の重心は、「情念としての国家」から「機能としての国家」へとシフトを移しつつある」わけですが、この国では…… »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/46823402

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場:読書が大好き、お薦めは物語」、『毎日新聞』2012年8月2日(土)付。:

« 書評:塩川伸明『民族とネイション  ナショナリズムという難問』岩波新書、2008年。 | トップページ | 「近代国家の重心は、「情念としての国家」から「機能としての国家」へとシフトを移しつつある」わけですが、この国では…… »