« 「自信過剰、狂信、強烈な劣等感、ときに病的なほど強くなる一等国へのこだわり」としてのオリンピック | トップページ | 「いちばん足りなかったと思うのは、原爆体験の思想化ですね。わたし自身がスレスレの限界にいた原爆体験者であるにもかかわらず」ということについて »

覚え書:「今週の本棚:COVER DESIN 『広島、1945』」、『毎日新聞』2012年8月5日(日)付。

201


-----

今週の本棚:COVER DESIN 『広島、1945』
(南々社、1890円)

 1945年の広島の変貌を写真で描く『広島、1945』(南々社、1890円)。8月6日を挟んで、わずか一発の原子爆弾が街の姿を大きく変えてしまったさまを伝える。表紙は勤労動員先で撮影された広島女学院高等女学校の卒業式。
    --覚え書:「今週の本棚:COVER DESIN 『広島、1945』」、『毎日新聞』2012年8月5日(日)付。

-----

202


203


|

« 「自信過剰、狂信、強烈な劣等感、ときに病的なほど強くなる一等国へのこだわり」としてのオリンピック | トップページ | 「いちばん足りなかったと思うのは、原爆体験の思想化ですね。わたし自身がスレスレの限界にいた原爆体験者であるにもかかわらず」ということについて »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/46598406

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:COVER DESIN 『広島、1945』」、『毎日新聞』2012年8月5日(日)付。:

« 「自信過剰、狂信、強烈な劣等感、ときに病的なほど強くなる一等国へのこだわり」としてのオリンピック | トップページ | 「いちばん足りなかったと思うのは、原爆体験の思想化ですね。わたし自身がスレスレの限界にいた原爆体験者であるにもかかわらず」ということについて »