« 覚え書:「気になる現場学 第6回 東京都渋谷区、福島県いわき市=開沼博 伝統的な宗教 今も救い」、『毎日新聞』2012年9月2日(日)付。 | トップページ | 書評:玉居子精宏『大川周明 アジア独立の夢』平凡社新書、2012年。 »

覚え書:「『メディアと知識人 ーー清水幾太郎の覇権と忘却』中央公論新社 著者 竹内洋さん」、『毎日新聞』2012年9月2日(日)付。

201_2


-----

「メディアと知識人 ーー清水幾太郎の覇権と忘却」中央公論新社・2415円
著者 竹内洋さん

転向論の枠組み超えて
 清水幾太郎の名は、ある世代以上には広く知られていよう。社会学者で、戦後の講和論争や「60年安保闘争」を代表する知識人。なおかつ、晩年に核武装論を唱えるなど大きく「右旋回」した人物だった。
 こうした思想の変化は従来「迎合」か「抵抗」かという転向論の枠組みで説明されてきた。だが、それでは隠れてしまう面があると著者はいう。
 清水の場合、キーワードは「差違化」だ。若い頃に東大教授への道を断たれた彼は、丸山真男のような「正系」知識人に対抗する必要があった。戦前から新聞・雑誌に執筆した清水は、戦略的に「華々しい」言論を展開していったとみる。
 「知識人にも、社会の中での『立ち位置』があります。自分の位置を高めようとゲームを戦っている面があり、政治的な駆け引きもあるのです」
 清水の行動を知識人界の覇権を目指す「転覆戦略」として読み解くあたりは、圧巻の面白さだ。背景として昭和初期以降、官学教授らアカデミズムの知識人よりも、ジャーナリズムを舞台に活躍する「メディア知識人」が権威をもつようになったという指摘も目を引く。
 「今はコメンテーターなどテレビ文化人のほうが影響力があるかもしれません。彼らを知識人と呼べるのかは疑問ですが」
 執筆の動機には、ある種の義憤もあった。同時期に論壇で活躍した丸山や福田恆存、吉本隆明らと清水を比較し知識人を類型化しているが、「神格化」された丸山らに対し、清水は単に「転向知識人」として批判を一身に浴びた。
 「実は、日本の左翼インテリの多くが高度経済成長を通じ、実質的にはてんこうしました。それなのに、清水だけが『いけにえ』のように指弾されたのは気の毒です。書いたものをよく読むと、それぞれの時点で彼は、自分なりに総括したうえで主張を変えています」
 社会学の分析手法を駆使しつつ、文章は自在で読みやすい。資料の奥に人間・清水の息遣いを探る姿勢が印象的だ。
    --「『メディアと知識人 ーー清水幾太郎の覇権と忘却』中央公論新社 著者 竹内洋さん」、『毎日新聞』2012年9月2日(日)付。

-----


202_2


203_2


|

« 覚え書:「気になる現場学 第6回 東京都渋谷区、福島県いわき市=開沼博 伝統的な宗教 今も救い」、『毎日新聞』2012年9月2日(日)付。 | トップページ | 書評:玉居子精宏『大川周明 アジア独立の夢』平凡社新書、2012年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/46976830

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「『メディアと知識人 ーー清水幾太郎の覇権と忘却』中央公論新社 著者 竹内洋さん」、『毎日新聞』2012年9月2日(日)付。:

« 覚え書:「気になる現場学 第6回 東京都渋谷区、福島県いわき市=開沼博 伝統的な宗教 今も救い」、『毎日新聞』2012年9月2日(日)付。 | トップページ | 書評:玉居子精宏『大川周明 アジア独立の夢』平凡社新書、2012年。 »