« 覚え書:「書評:核の海の証言―ビキニ事件は終わらない [著]山下正寿 [評者]上丸洋一」、『朝日新聞』2012年11月18日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 大きな社会構想の選択を=湯浅誠」、『毎日新聞』2012年11月23日(金)付。 »

書評:今野真二『百年前の日本語  --書きことばが揺れた時代』岩波新書、2012年。

101

-----
 言語は時間の経過とともに、何らかの変化をする。なぜそのような変化をしたのかが比較的わかりやすい。説明しやすい場合もある。変化が最初から言語に内包されているとしかいえない場合もある。そうであれば、言語はもともと「揺れ」るということをそれほどきらってはいないともいえる。時間の経過とともに、「揺れ」の幅が小さくなり、ある種の収斂をみせることももちろんある。しかし、だからといって、「揺れ」がまったくなくなるわけではない。
    --今野真二『百年前の日本語  --書きことばが揺れた時代』岩波新書、2012年、70頁。
-----
明治期の日本語を、漱石の原稿など一次史料をもとに分析し、現代の日本語になりゆく変遷を辿る一冊。明治期の日本語は、表記の仕方が複数あったり、旧字新字の混在を許容している。ことばに「揺れ」が存在する。それが大きな特徴である。
現代の日本語はどうだろうか--。
できるだけ「揺れ」を排除する方向へ収斂してきたことが分かる。使用する文字、表記とその規則。私たちの使う使う日本語表記の運用が統一された現状、そして明朝体の手本通りに書くことは、歴史的には特殊な状況といってよい。
明治期の出版物は「書くように印刷」されていたが、運用の統一化は「印刷するように書く」という転換となる。私たちは印刷された手本通りに文字を書く。しかしこれは実際には逆であった。日常生活の自明は、たった百年程度の「伝統」しかない。認識を新たにさせる一冊である。
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn1209/sin_k668.html 
102

|

« 覚え書:「書評:核の海の証言―ビキニ事件は終わらない [著]山下正寿 [評者]上丸洋一」、『朝日新聞』2012年11月18日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 大きな社会構想の選択を=湯浅誠」、『毎日新聞』2012年11月23日(金)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/47967149

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:今野真二『百年前の日本語  --書きことばが揺れた時代』岩波新書、2012年。:

« 覚え書:「書評:核の海の証言―ビキニ事件は終わらない [著]山下正寿 [評者]上丸洋一」、『朝日新聞』2012年11月18日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「くらしの明日 私の社会保障論 大きな社会構想の選択を=湯浅誠」、『毎日新聞』2012年11月23日(金)付。 »