« 覚え書:「今週の本棚・本と人:『赤猫異聞』 著者・浅田次郎さん」、『毎日新聞』2012年11月04日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「異論反論 男女格差の大きさが指摘されました=雨宮処凛」、『毎日新聞』2012年11月08日(水)付。 »

覚え書:「著者来店 『フクシマの正義』=開沼博さん」、『読売新聞』2012年11月04日(日)付。

201

-----
著者来店 「フクシマの正義」=開沼博さん
現場を見つめ、考える
 東日本大震災前に福島を歩き、地方と中央の関係から原発を考察した『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』で毎日出版文化賞を受賞した1984年生まれの社会学者である。本作は、震災後に発表した評論などをまとめ、原発事故後の正義を考え直した。
 福島県いわき市出身。今も週の半分をフクシマで過ごす研究者の目には、震災後の原発議論も沖縄の基地問題と同じく、知識人にとっての「流行のネタ」に映る。ネタは消費され、忘却される。その繰り返しの帰結が原発事故だと指摘。そして、「危険な福島にとどまるのはおかしい」といった「善意」や、「美しき東北の善良な人々」といった「支配するまなざし」の欺まん性を問うた。『「フクシマ」論』をわかりやすく解説した作品といえる。
 高校時代から研究者をこころざしたが、狭き門だと現実をシビアに見つめた。「就職できるのは40歳近く」と、東大学部生時代から実話誌などを舞台にライターとして働き、“手に職”をつけた。社会や現場に出る姿勢は、東大博士課程に在籍し、福島大特認研究員となった今もそのまま。偽装結婚などの現場を取材し、ネットや雑誌に記事を書き続ける。「社会の周縁を捉えないと、根本から社会を見つめ直すことはできない。それは、中央と地方の関係にもつながるし、原発問題そのものと言える」
 これからも知に足をつけて考え、若いうちは現場感のある仕事をやりつくすつもりだ。「善意だけでは大きな理想を実現できない。言葉やイメージからこぼれ落ちた『もやもや』をいかに言葉にするかが研究者の仕事です」(幻冬舎、1800円)  小林佑基
    --「著者来店 『フクシマの正義』=開沼博さん」、『読売新聞』2012年11月04日(日)付。
-----
202
203

|

« 覚え書:「今週の本棚・本と人:『赤猫異聞』 著者・浅田次郎さん」、『毎日新聞』2012年11月04日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「異論反論 男女格差の大きさが指摘されました=雨宮処凛」、『毎日新聞』2012年11月08日(水)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/47791430

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「著者来店 『フクシマの正義』=開沼博さん」、『読売新聞』2012年11月04日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚・本と人:『赤猫異聞』 著者・浅田次郎さん」、『毎日新聞』2012年11月04日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「異論反論 男女格差の大きさが指摘されました=雨宮処凛」、『毎日新聞』2012年11月08日(水)付。 »