« 覚え書:「書評:東京満蒙開拓団 [著]東京の満蒙開拓団を知る会 [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2012年10月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「踊ってはいけない国、日本 風営法問題と過剰規制される社会 [編著]磯部涼 [評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)」、『朝日新聞』2012年10月28日(日)付。 »

濡れてほす 山路の菊の 露の間に いつか千歳を 我はへにけむ

11

12_3
-----
仙宮に菊をわけて人のいたれるかたをよめる 
濡れてほす 山路の菊の 露の間に いつか千歳を 我はへにけむ 素性法師
『古今和歌集』「巻五 秋歌下」(273)
-----
先日、非常勤先の大学へ出講しましたら、正門のよこで15回目になる「菊花展示会」を開催しておりました。地域の方々がたんせいを込めてつくられた花々だと伺っております。
iPhoneの写真で恐縮ですがご紹介しておきます。
13
14
15
102

|

« 覚え書:「書評:東京満蒙開拓団 [著]東京の満蒙開拓団を知る会 [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2012年10月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「踊ってはいけない国、日本 風営法問題と過剰規制される社会 [編著]磯部涼 [評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)」、『朝日新聞』2012年10月28日(日)付。 »

四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濡れてほす 山路の菊の 露の間に いつか千歳を 我はへにけむ:

« 覚え書:「書評:東京満蒙開拓団 [著]東京の満蒙開拓団を知る会 [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2012年10月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「踊ってはいけない国、日本 風営法問題と過剰規制される社会 [編著]磯部涼 [評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)」、『朝日新聞』2012年10月28日(日)付。 »