« 覚え書:「今週の本棚:五百旗頭真・評 『中国共産党の支配と権力』=鈴木隆・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。 | トップページ | 「今週の本棚:鹿島茂・評 『ジャン=ジャック・ルソー』=永見文雄・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。 »

覚え書:「今週の本棚:白石隆・評 『中国人民解放軍の内幕』=富坂聰・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。

101s

-----

今週の本棚:白石隆・評 『中国人民解放軍の内幕』=富坂聰・著
 (文春新書・819円)

 ◇意思決定や戦略、進化の方向性を多面的に

 中国の国防費はすでに20年以上にわたって2桁の伸びを続け、2012年には6700億元(約8・7兆円)を超えた。日本の防衛予算の約2倍である。また、中国は、東シナ海でも南シナ海でも、周辺諸国との領土紛争において、現にあるルールをしばしば無視し、一方的行動をとることも多い。そのためだろう。中国のシビリアン・コントロールはどうなっているのか。人民解放軍は戦前の日本軍のようになっているのではないか。そういう懸念がしばしば語られる。

 では、実のところ、どうなっているのか。本書はそれを考える上で格好の本である。いくつか、例を挙げよう。

 たとえば、空母の保有である。最近、中国は空母「遼寧」を就役させた。これにどんな意味があるのか。空母の保有はもちろん戦闘能力の向上を意味する。しかし、空母を持ったからといって、「日本にとって中国の脅威が大きく変化することはない。」という。懸念されるのは、平時の海における中国のプレゼンスの拡大であり、中国の海上行動がいままで以上に大胆になることである。しかし、中国のカタパルト技術はまだまだ未熟で、中国の空母がアメリカの原子力空母に対抗できるようになるのはずいぶん先のことである。

 では、中国は、どんな戦略で東シナ海と南シナ海を「中国の海」にしようとしているのか。中国の軍事戦略をアメリカは「接近阻止・領域拒否戦略」と呼ぶ。その鍵は地対艦ミサイルにある。命中精度が上がれば、中国の地対艦ミサイルはアメリカの原子力空母にとって大きな脅威となり、有事の際、空母は東シナ海、南シナ海に入って来られなくなる。その一方、練習艦として、また海におけるプレゼンス向上の手段として、空母「遼寧」を就役させ、さらに本格的な国産空母の開発・建造を進める。それが戦略である。

 もう一つは人民解放軍における意思決定のしくみである。軍の統帥権は中央軍事委員会(軍委)にある。先日の党大会で中国共産党の最高意思決定機関である政治局の中央委員、常務委員が改選され、習近平が胡錦濤に代わって総書記に就任し、軍委主席にもなった。では、シビリアン・コントロールはどうなっているのか。

 軍委の中枢は軍委弁公庁にある。この機関は軍委主席のスケジュール管理から、党、政府機関との調整、会議に上程される議案や各軍から上がってくる陳情の整理まで、あらゆる案件を扱う。また、指揮命令系統では、総参謀部が軍の要として作戦、対外情報等を担当し、有事には軍の指揮はここに集中される。

 党中央の最高意思決定機関のメンバーは、軍委のメンバー以外、職務上、軍と関わることはない。また、一般に、党の実力者は軍に接近せず、距離を置くことを心がけるという。軍を党内の権力闘争に巻き込まないためである。しかし、軍委のメンバーは、主席の習近平以外、すべて軍人である。これでは党と軍の関係は希薄化しかねない。では、どうするのか。党の中央弁公庁(中弁)がその任を担う。中弁は党政治局の事務局として軍と日常的に接触し、中弁主任は自分の指揮する軍部隊も持っている。その意味で、中弁は、まさに党・国家の中枢となっている。

 本書は、帯に「『尖閣上陸Xデー』は来るのか!?」とあって、一見、きわものと思う人もいるかもしれない。しかし、中国における党と軍の関係、軍内の意思決定、軍「進化」の方向、中国の軍事戦略、空母建造の意義、軍系国営企業と太子党など、人民解放軍を理解する上で大いに参考になる。好著である。
    --「今週の本棚:白石隆・評 『中国人民解放軍の内幕』=富坂聰・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。

-----

http://mainichi.jp/feature/news/20121202ddm015070018000c.html

102


103


|

« 覚え書:「今週の本棚:五百旗頭真・評 『中国共産党の支配と権力』=鈴木隆・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。 | トップページ | 「今週の本棚:鹿島茂・評 『ジャン=ジャック・ルソー』=永見文雄・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/48100750

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:白石隆・評 『中国人民解放軍の内幕』=富坂聰・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚:五百旗頭真・評 『中国共産党の支配と権力』=鈴木隆・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。 | トップページ | 「今週の本棚:鹿島茂・評 『ジャン=ジャック・ルソー』=永見文雄・著」、『毎日新聞』2012年12月02日(日)付。 »