« 覚え書:「書評:伊藤野枝と代準介 [著]矢野寛治 [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2013年01月06日(日)付。 | トップページ | 私は……自国内では、潜在的にあるいは実際に暴力的になりかねない多数派の一員です。 »

覚え書:「今週の本棚:〈3・11〉忘却に抗して 識者53人の言葉=毎日新聞夕刊編集部・著」、『毎日新聞』2013年01月06日(日)付。

201

-----


今週の本棚:〈3・11〉忘却に抗して 識者53人の言葉
毎日新聞夕刊編集部・著
(現代書館・1785円)

 1923年の関東大震災直後、総合雑誌『改造』は、同年10月号の表紙に「大震災号」と刷り込んだ。山本有三、武者小路実篤ら時代を代表する作家が、この天災を生々しい筆致で論じた。たとえば芥川龍之介は渋沢栄一らが唱えた〈調子づいた日本人に天が下した警鐘〉だとする天譴論に対して、こんな「不公平」な天罰などない、と憤った。、同時代の知識人が震災とどう向き合ったのかを、残さなくてはならない--。そんな編集者の気迫が伝わってくる。
 東日本大震災から約1年間にわたって、震災、原発事故について知者たちの問い続けた記事をまとめた本書も、この『改造』特集号と同じベクトルの延長上にある。登場者は、高村薫、秋山駿、金子兜太、梅原猛の各氏をはじめとする文学者に加え、有馬朗人、小柴昌俊の両氏ら科学者もいる。いずれも日本の「いま」を代表する知性だ。また昨年亡くなった吉本隆明、藤本義一の両氏のまとまったインタビューとしては最後のものであり“遺書”となった。
 事態が激しく動いていた時期での「言葉」という生々しさに加え、識者たちの思索の姿もまた、後世への貴重な記録となっている。
    --「今週の本棚:〈3・11〉忘却に抗して 識者53人の言葉=毎日新聞夕刊編集部・著」、『毎日新聞』2013年01月06日(日)付。

-----


202


203

|

« 覚え書:「書評:伊藤野枝と代準介 [著]矢野寛治 [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2013年01月06日(日)付。 | トップページ | 私は……自国内では、潜在的にあるいは実際に暴力的になりかねない多数派の一員です。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/48693265

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:〈3・11〉忘却に抗して 識者53人の言葉=毎日新聞夕刊編集部・著」、『毎日新聞』2013年01月06日(日)付。 :

« 覚え書:「書評:伊藤野枝と代準介 [著]矢野寛治 [評者]出久根達郎(作家)」、『朝日新聞』2013年01月06日(日)付。 | トップページ | 私は……自国内では、潜在的にあるいは実際に暴力的になりかねない多数派の一員です。 »