« 覚え書:「今週の本棚:創文社『神學大全』が完結」、『毎日新聞』2012年01月06日(日)付。 | トップページ | 書評:加藤節『南原繁 --近代日本と知識人』岩波新書、1997年。 »

覚え書:「今週の本棚:白石詩集」、『毎日新聞』2013年01月06日(日)付。

201


-----

今週の本棚:白石詩集
青柳優子訳
(岩波書店・2205円)

 一九一二年、平安北道定州(現・北朝鮮)に生まれ、日本の青山学院を卒業、戦前の朝鮮詩界で活躍した詩人、白石の主要作を収める。白石の詩集刊行は日本では初めて。
 詩集『鹿』(一九三六)に始まる白石の詩は、方言と古語を生かしたもの。独特の並列叙法で、郷土詩を超える新境地をひらいた。「枯れ葉も 髪の毛も ぼろ布も 棒切れも 瓦も 鶏の羽も 犬の毛も 燃える焚火」(「焚火」)は、視線の流れが美しい。市井の「悲しい歴史」にふれても、不思議なあたたかみがある。医員は、「無言で腕をとり 脈をとる/その手は温かく 柔らかく/故郷も 父も 父の友だちも みんないた」(「故郷」)などの点景も、ことばの線がきらめく。訳も流麗。
 一九四五年の解放とともに、白石は、ソウルから郷里定州に帰る。そのあと一時、行方不明に。一九九五年ごろ亡くなったということだ。生前一冊の詩集しか編まれていないが、いまも韓国でもっとも高い評価をうける詩人のひとりである。一九二八年朝鮮にわたった、鳥取県生まれの詩人、則武三雄(一九〇九-一九九〇)が、「葱」と題する詩で、戦前の白石の即席を伝えている。(門)
    --「今週の本棚:白石詩集」、『毎日新聞』2013年01月06日(日)付。

-----


|

« 覚え書:「今週の本棚:創文社『神學大全』が完結」、『毎日新聞』2012年01月06日(日)付。 | トップページ | 書評:加藤節『南原繁 --近代日本と知識人』岩波新書、1997年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/48668276

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:白石詩集」、『毎日新聞』2013年01月06日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚:創文社『神學大全』が完結」、『毎日新聞』2012年01月06日(日)付。 | トップページ | 書評:加藤節『南原繁 --近代日本と知識人』岩波新書、1997年。 »