« 覚え書:「書評:戦後沖縄と米軍基地―「受容」と「拒絶」のはざまで [著]平良好利 [評者]中島岳志」、『朝日新聞』2013年01月06日(日)付。 | トップページ | <中立的なもの>に惑わされた<渇望>によって、哲学は解雇される »

覚え書:「異論反論 働く母親の立場は厳しいままです=城戸久枝」、『毎日新聞』2013年01月09日(水)付。

201


-----

異論反論
働く母親の立場は厳しいままです
寄稿 城戸久枝

共働きしやすい環境整備を

 2歳になる息子と散歩をしていたとき、見知らぬ高齢の女性に声をかけられた。「一人っ子はダメよ。もう一人、産んじゃいなさい。亡くなったら悲惨よ」
 唐突な話に少々驚いたが、彼女が87歳と聞いて納得した。戦争や戦後の混乱期を20歳前後で生き抜いた世代だ。彼女にとって、子供の死は今よりずっと身近だったろう。今は老人ホームで暮らしている彼女も、あるいは子供を亡くした経験があるのかもしれない……。軽やかな足取りで去っていく後ろ姿を見つめながら、私は複雑な気持ちになった。
 私は34歳で第1子を出産した。もうすぐ37歳。40歳を前にして、2人目を望んでいないわけではない。ただ、妊娠・出産となると、体力はもつか、経済力は保てるか、そして仕事はどうなるのかなど、さまざまな不安が付きまとう。
 少子高齢化が進むなか、第1子の出産平均年齢は30を超えている。国立社会保障・人口問題研究所の第14回出生動向基本調査(2010年)によると、結婚年齢が高くなると夫婦の平均出生子供数は低下している。妻の結婚年齢が20~24歳の風では、平均出生子供数が2・08人、30~34歳では1・50人だという。
 国はさまざまな少子化対策を打ち出しているが、その効果が数字として表れていないように思う。例えばワークライフバランスといっても、社会がそれを受け入れる体制が整っていなければ実現は難しい。
 出生数は年々減少しているが、必ずしも第2子、第3子を望まない夫婦が多いとは限らない。私の周囲にも経済的な理由で第2子、第3子を断念している夫婦もいる。経済的不安を解消するためにも夫婦共働きは推奨されるはずだが、日本の働く母親の立場は相変わらず低い。子育てをしながら働く日本の女性と男性との給与格差が、先進国で最大だという経済協力開発機構(OECD)の報告が、働く母親の置かれた厳しい現状を表している(昨年12月18日付毎日新聞夕刊)。
 1日付で厚生労働省が発表した人口動態統計の年間推計によると、2012年の出生数は103万3000人と、戦後最小となる見込みである。人口の自然増減は21万2000人のマイナスである。高齢化は進み、人口の減少はさらに加速することは目に見えている。新政権には、経済対策とともに、子育てをする女性が働きやすい環境を整える政策を早急に立てることを望む。

「夢も希望もなく、手当で子供を増やすのは難しい」
 正月に帰省した際、中国で生まれ育った父に少子化について訪ねると、こう返ってきた。
 「昔は貧乏であってもある程度の余裕と夢があった。子宝は財産よりいいという考えもあった。夢も希望もないのに手当だけで子供を増やそうとしても難しい」
 新しい年を迎えた。日本はこれからどこに向かうのか。子供たちの明るい未来につながる1年となることを願う。
きど・ひさえ ノンフィクションライター。1976年愛媛県生まれ。帰省の際の子連れでの飛行機は無事、乗り切った。「今年は、これまで重ねてきた取材を形にしていきたい。今年もよろしくお願いします」
    --「異論反論 働く母親の立場は厳しいままです=城戸久枝」、『毎日新聞』2013年01月09日(水)付。

-----


202


203

|

« 覚え書:「書評:戦後沖縄と米軍基地―「受容」と「拒絶」のはざまで [著]平良好利 [評者]中島岳志」、『朝日新聞』2013年01月06日(日)付。 | トップページ | <中立的なもの>に惑わされた<渇望>によって、哲学は解雇される »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/48713787

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「異論反論 働く母親の立場は厳しいままです=城戸久枝」、『毎日新聞』2013年01月09日(水)付。:

« 覚え書:「書評:戦後沖縄と米軍基地―「受容」と「拒絶」のはざまで [著]平良好利 [評者]中島岳志」、『朝日新聞』2013年01月06日(日)付。 | トップページ | <中立的なもの>に惑わされた<渇望>によって、哲学は解雇される »