« 覚え書:「アベノミクス:安倍首相の経済政策「完全に正しい」 ノーベル賞経済学者・クルーグマン氏『評価』」、『毎日新聞』2013年01月15日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『世界しあわせ紀行』=エリック・ワイナー著」、『毎日新聞』2013年01月20日(日)付。 »

ボールペンで残された思索の軌跡


101


そういえば、大人になってから、ほとんど鉛筆やシャープペンシルをつかっていないことに気がついた。

思い返せば、たぶん、高校時代ぐらいから鉛筆やシャープペンシルよりも、ボールペン(水性・油性を問わず)を使う比率が高くなったように思う。

もちろん、筆記試験に代表されるように、書き直しが必要な事柄については、鉛筆のたぐいを使っていますが、どこかに提出したりする必要のないものなんかは、それが「書き直し」を要するものであっても、ボールペンでほとんどすませるようになった。

もっとも、ボールペンでも「書き直し」はします。しかし、鉛筆の場合と違って消しゴムで消したりはしないから、「書き直し」の経緯は残ってしまう。

手帳に認める予定の変更のような案件については、ぐじゃぐじゃっと塗りつぶしてしまうこともありますが、自分はひょっとすると「書き直し」の「経緯
」を大事にするためにボールペンを使っているのではないかと考えたりもする。人間の思索がどう変化していくのか。

何をどう訂正していくのか。ひとつの記録をボールペンで消えないように残しているのではないだろうか、と。

「そんなん、考えすぎですよ」と言われればそれまでだし、ボールペンの方が楽だからと言えば否定できないけれども、消しゴムで経緯を消しさり、模範解答集と一言一句たがわないものをコピペすることへの、それはささやかな抵抗なのではないだろうか、と考えすぎたりするのですが、みなさまはどうですかね?

たまには、こんなことを考えてみたりもします(笑

111


102


|

« 覚え書:「アベノミクス:安倍首相の経済政策「完全に正しい」 ノーベル賞経済学者・クルーグマン氏『評価』」、『毎日新聞』2013年01月15日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『世界しあわせ紀行』=エリック・ワイナー著」、『毎日新聞』2013年01月20日(日)付。 »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボールペンで残された思索の軌跡:

« 覚え書:「アベノミクス:安倍首相の経済政策「完全に正しい」 ノーベル賞経済学者・クルーグマン氏『評価』」、『毎日新聞』2013年01月15日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『世界しあわせ紀行』=エリック・ワイナー著」、『毎日新聞』2013年01月20日(日)付。 »