« 書評:柴原三貴子『ムスリムの女たちのインド 増補版』木犀社、2012年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:哲学の練習問題=西研・著」、『毎日新聞』2013年01月13日(日)付。 »

我が宿は 雪降りしきて 道もなし 踏みわけてとふ 人しなければ

301


-----

我が宿は 雪降りしきて 道もなし 踏みわけてとふ 人しなければ 読人知らず
    --三二二、「巻六 冬歌」、『古今和歌集』。

-----

2013年初の東京での降雪。

記録的に写真で少し残しておこうかと思います。

東京都・小平市周辺の様子ですが、15cmぐらいつもっています。


302


303


304


305


366

|

« 書評:柴原三貴子『ムスリムの女たちのインド 増補版』木犀社、2012年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:哲学の練習問題=西研・著」、『毎日新聞』2013年01月13日(日)付。 »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が宿は 雪降りしきて 道もなし 踏みわけてとふ 人しなければ:

« 書評:柴原三貴子『ムスリムの女たちのインド 増補版』木犀社、2012年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:哲学の練習問題=西研・著」、『毎日新聞』2013年01月13日(日)付。 »