« 「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に基づく「不健全図書類のお知らせ」 | トップページ | 覚え書:「【書評】はだしのゲン わたしの遺書 中沢啓治 著」、『東京新聞』2013年01月27日(日)付 + α »

覚え書:「擬人化カエル、平泉にも 『鳥獣人物戯画』そっくり 同時期の作か」、『毎日新聞』2013年01月27日(日)付。


301


-----

柳之御所遺跡:擬人化カエル、平泉にも
毎日新聞 2013年01月27日

岩手県平泉町の柳之御所遺跡で発見されたカエルが描かれた木片=共同

 奥州藤原氏の政務の拠点があった岩手県平泉町の国指定史跡「柳之御所遺跡」から、擬人化されたカエルが墨で描かれた木片が見つかり、県教育委員会が25日、発表した。国宝「鳥獣人物戯画」(平安-鎌倉時代)に似ており、同時に出土した遺物から12世紀後半のものと推定されるという。

 鳥獣人物戯画を所有する高山寺(京都市)は「擬人化した動物の絵が、同時期に存在していた例は聞いたことがない」と話し、県教委も「当時最先端の都の文化が、ほぼ同時期に平泉まで伝わっていたことを示す貴重な資料。奥州藤原氏について知る手掛かりにもなる」としている。

 県教委によると、木片は縦10センチ、横4センチで「折敷(おしき)と呼ばれる盆の断片。擬人化されたカエルが右手に扇、左手にススキのようなものを持った絵が描かれていた。
 絵の左側に片仮名とみられる文字があったが、判読できていない。折敷として使われた後に、絵が描かれたと見られる。木片はその後、再加工されたらしく、カエルの絵も右側が切れている。
 鳥獣人物戯画には似たような構図のカエルやウサギの絵がある。筆致などから今回発見された絵は、専門の絵師ではなく、武士や僧侶などが描いた可能性が高いという。
 木片は昨年10月下旬、柳之御所遺跡を囲む堀があった場所から出土した。2013年度以降に一般公開する予定。
    --「擬人化カエル、平泉にも 『鳥獣人物戯画』そっくり 同時期の作か」、『毎日新聞』2013年01月27日(日)付。

-----

http://mainichi.jp/select/news/20130127k0000m040116000c.html


302

303


鳥獣戯画―国宝絵巻 (双書美術の泉 6)

岩崎美術社
売り上げランキング: 474,693


|

« 「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に基づく「不健全図書類のお知らせ」 | トップページ | 覚え書:「【書評】はだしのゲン わたしの遺書 中沢啓治 著」、『東京新聞』2013年01月27日(日)付 + α »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/49147980

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「擬人化カエル、平泉にも 『鳥獣人物戯画』そっくり 同時期の作か」、『毎日新聞』2013年01月27日(日)付。:

« 「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に基づく「不健全図書類のお知らせ」 | トップページ | 覚え書:「【書評】はだしのゲン わたしの遺書 中沢啓治 著」、『東京新聞』2013年01月27日(日)付 + α »