« 覚え書:「吉野作造:仙台出身の甘粕大尉が命狙う? うかがわせる歌、雑誌に掲載 /宮城」、『毎日新聞』2013年02月08日(金)付、地方版(宮城県)・電子版。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:堀江敏幸・評 『ぼくは覚えている』=ジョー・ブレイナード著」、『毎日新聞』2013年02月10日(日)付。 »

ひたすら対立する現実という幻想は、人間を極端に矮小化させ、主役として考える自由を奪ってきたのである


101

-----

 カデル・ミアはムスリムの犠牲者として死亡したが、彼はまた困難な時代に家族が生き延びるために、わずかな仕事と少しばかりのお金を必死に求める働き口のない貧しい労働者として死んだとも言える。どんな共同体でも、最下層の人びとがこのような暴動でいちばん犠牲になりやすい。彼らは日々の糧を探し求めて、まったく無防備のまま出歩かなければならないし、あばら屋は暴力集団に容易に押し入られ、荒らされがちだからだ。ヒンドゥー・ムスリム暴動では、ヒンドゥーのならず者がムスリムの貧しい弱者を簡単に殺したし、かたやムスリムのならず者も困窮したヒンドゥーの犠牲者を勝手に殺害した。むごたらしく犠牲となった双方の人びとの共同体アイデンティティはかなり異なるが、彼らの(経済手段に欠く貧しい労働者としての)階級アイデンティティはほぼ同じなのだ。だが、単一基準の分類ばかりが注目される、偏った見方がなされていた時代には、宗教的民族性意外のアイデンティティは重視されなかった。ひたすら対立する現実という幻想は、人間を極端に矮小化させ、主役として考える自由を奪ってきたのである。
    --アマルティア・セン(大門毅編集、東郷えりか訳)『アイデンティティと暴力 運命は幻想である』勁草書房、2011年、240-241頁。

-----


安田浩一さんが労作『ネットと愛国』(講談社)で暴き出したように、いわゆる東アジア出身の日本在住の外国人のひとびとを「殺せ」と罵る「ネット右翼」と呼ばれるヒトたちの批判の根拠は、ウソとねつ造に基づくものだし、そうがい旋するひとびとは、「実際に、何かやられたわけではない」ともいう。

ねじれた承認欲求と連帯することで得られる高揚感。こういったものが彼らを突き動かし、その所行はますますエスカレートしていくばかりだ。

この土曜日・日曜日は、新大久保界隈でデモをやっているという。

そのレポートは以下の通り(2/9・土曜日ぶん)。

http://togetter.com/li/452920

さて……と。
差異による「対立」とは、ほとんど場合、為政者によって都合のいいように“ねつ造”され、権力を補完するために動員されたものといってよい。世界各地でのさまざまな対立も根を辿っていくと、根拠はほとんどない。しかしひとびとは、自分とは異なる相手を、その特異な一点にのみ集中して理解しようとする。それでは十全な人間理解など不可能だ。

もっとも対象を十全に理解するということ自体が、哲学の狭い話でいえばナンセンスなのでしょうが、それを言ってしまうともともこうもない。それは、哲学の持つ「権力性」批判において有用な議論だからだ。その意味では、人間生活世界において十全な理解に近づく努力をしたいという複眼的思考と言い換えた方が正確だと思いますが、一点にのみ集中して理解仕様とするのは、いうまでもなくナンセンスでしょう。

インドや中東における宗教の違いによる殺戮。
これが遠い世界ではなく日本でもいま現在進行形で進んでいる。もちろん、アマルティア・センのように「目の前でなぶり殺し」にされた事例にまでは至ってはいない……かも知れない。

しかし1mm隔てたぎりぎりのところまでは進んでいることは承知しておくべきなのではないだろうか。

そして、上品に留まり「野蛮なひとたちね、おほほ」という、最終的には、フライコールが「容認」されてしまう結果にはならないような態度を取っていくしかないのではないかと昨今思う。


-----

疑う余地のない命題に対して反論しようとする者には、『馬鹿げている』と言うだけでよいだろう。つまり答えるのではなく、正気づけてやるのだ(四九五)。

    --ウィトゲンシュタイン(黒田亘訳)「確実性の問題」、『ウィトゲンシュタイン全集9』大修館書店、1975年、124頁。

-----

まさに「馬鹿げている」と思うのでなく、「正気づけて」いかないといけない。

102

アイデンティティと暴力: 運命は幻想である
アマルティア・セン
勁草書房
売り上げランキング: 90,850
ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)
安田 浩一
講談社
売り上げランキング: 7,336

|

« 覚え書:「吉野作造:仙台出身の甘粕大尉が命狙う? うかがわせる歌、雑誌に掲載 /宮城」、『毎日新聞』2013年02月08日(金)付、地方版(宮城県)・電子版。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:堀江敏幸・評 『ぼくは覚えている』=ジョー・ブレイナード著」、『毎日新聞』2013年02月10日(日)付。 »

現代批評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/49300300

この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら対立する現実という幻想は、人間を極端に矮小化させ、主役として考える自由を奪ってきたのである:

« 覚え書:「吉野作造:仙台出身の甘粕大尉が命狙う? うかがわせる歌、雑誌に掲載 /宮城」、『毎日新聞』2013年02月08日(金)付、地方版(宮城県)・電子版。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:堀江敏幸・評 『ぼくは覚えている』=ジョー・ブレイナード著」、『毎日新聞』2013年02月10日(日)付。 »