« 覚え書:「書評:森鴎外―日本はまだ普請中だ [著]小堀桂一郎 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年03月31日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:『冬の旅』 辻原登著 評・角田光代」、『読売新聞』2013年03月24日(日)付。 »

覚え書:「書評:『生命とは何だろう?』 長沼毅著 評・畠山重篤」、『読売新聞』2013年03月24日(日)付。


301


-----

『生命とは何だろう?』 長沼毅著

評・畠山重篤(カキ養殖業)

 幼稚園児だったある日、著者はすべり台の上からすべり降りて着地した時、“自分はどこから来てどこへ行くのだろう”と考えたというから、天才的な頭脳の持ち主なのだろう。

 しかし、研究室に閉じ籠もることなく、地底、海底、南極、北極、砂漠と、生命の起源を探し求めてフィールドワークを徹底的に行う姿勢を崩さない。

 “生命とは何か”という根源的なテーマに迫ろうとする時、あらゆる学問の壁を越えねばならない。そこは正に天才の領域と言える。

 137億年前に宇宙が誕生し、さまざまな素粒子が生まれ、やがて水素やヘリウムなどの原子が作られたことが「生命の起源」となったというが、ホモ属(ヒト属)の登場はわずか260万年前と言われている。はたして人類はどのような進化を遂げるのか。

 地球温暖化についても言及している。本当に怖いのは、むしろ寒冷化であると。興味津々なテーマが最後まで並ぶ。これから知の山脈を歩き始める人にとって必読の一冊である。(集英社インターナショナル、1000円)
    ーー「書評:『生命とは何だろう?』 長沼毅著 評・畠山重篤」、『読売新聞』2013年03月24日(日)付。

-----

http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20130326-OYT8T00866.htm


302


生命とは何だろう? (知のトレッキング叢書)
長沼 毅
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 39,147

|

« 覚え書:「書評:森鴎外―日本はまだ普請中だ [著]小堀桂一郎 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年03月31日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:『冬の旅』 辻原登著 評・角田光代」、『読売新聞』2013年03月24日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51124815

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:『生命とは何だろう?』 長沼毅著 評・畠山重篤」、『読売新聞』2013年03月24日(日)付。:

« 覚え書:「書評:森鴎外―日本はまだ普請中だ [著]小堀桂一郎 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年03月31日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:『冬の旅』 辻原登著 評・角田光代」、『読売新聞』2013年03月24日(日)付。 »