« 葬儀という「文化」 | トップページ | 覚え書:「書評:卒業式の歴史学 [著]有本真紀 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。 »

覚え書:「書評:ラカン [著]ポールロラン・アスン」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。


301_2

-----

ラカン [著]ポールロラン・アスン
[掲載]2013年04月21日   [ジャンル]歴史 


著者:ポール=ローラン・アスン、西尾彰泰  出版社:白水社 価格:¥ 1,260

Amazon.co.jp楽天ブックス紀伊國屋書店BookWebTSUTAYA online
 フロイトの後継を自認する精神分析家であり、構造主義思想家、哲学者として今も影響を与え続けているジャック・ラカン(1901?1981)。その思想は難解であることでも知られるが、本書は、とっつきにくさのもとだった式や図を減らし、フロイトを参照軸にしながら、思索の軌跡を大づかみに、しかしツボは外さず語る。彼の書いた論文集『エクリ』より、彼の講義=『セミネール』に重点をおいたのが特徴だ。とはいえ、分かりやすいと言えばウソになる。「象徴的な父は思考不可能である」「性関係は存在しない」といった“ラカン節”もちゃんと残っている。謎めいたところが魅力でもあることをわきまえた著者とみた。
     ◇
西尾彰泰訳、白水社文庫クセジュ・1260円
    --「書評:ラカン [著]ポールロラン・アスン」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。

-----

http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013042100005.html

Resize0895

ラカン (文庫クセジュ978)
ポール=ローラン アスン
白水社
売り上げランキング: 74,968


|

« 葬儀という「文化」 | トップページ | 覚え書:「書評:卒業式の歴史学 [著]有本真紀 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51399690

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:ラカン [著]ポールロラン・アスン」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。:

« 葬儀という「文化」 | トップページ | 覚え書:「書評:卒業式の歴史学 [著]有本真紀 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。 »