« 覚え書:「書評:東北発の震災論 山下祐介著」、『東京新聞』2013年4月21日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:ラカン [著]ポールロラン・アスン」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。 »

葬儀という「文化」


101_2

4月24日の水曜日の朝。91歳で祖母(父の母)が無くなりました。夕方、連絡を受け、その日の夜勤をこなし、翌朝からの仕事へ出勤して、忌引きの調整をして、夜遅くに実家へ戻り、ご挨拶を済ませてきました。

金曜日の朝、葬儀。骨あげと初七日を済ませ、その夜、東京へ戻りました。

慎んでご冥福を祈ると共に、葬儀という「文化」から、個人と共同体の問題、形式と内実、批判と創造的批判の差異、等々……についていろいろと考え直す機会になったと思います。

Resize0890

|

« 覚え書:「書評:東北発の震災論 山下祐介著」、『東京新聞』2013年4月21日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:ラカン [著]ポールロラン・アスン」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。 »

告白・独白・毒吐の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀という「文化」:

« 覚え書:「書評:東北発の震災論 山下祐介著」、『東京新聞』2013年4月21日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:ラカン [著]ポールロラン・アスン」、『朝日新聞』2013年04月21日(日)付。 »