« 覚え書:「今週の本棚:村上陽一郎・評 『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『宇宙はこう考えられている』」、『毎日新聞』2013年05月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:川本三郎・評 『文人荷風抄』=高橋英夫・著」、『毎日新聞』2013年05月26日(日)付。 »

書評:野本三吉『子供観の戦後史 増補改訂版』現代書館、2007年。


101

野本三吉『子供観の戦後史 増補改訂版』現代書館、読了。本書は『戦後児童生活史』『近代日本児童生活史序説』をまとめた著者による児童観の変遷史、児童思想史。大人は子供をどのように見てきたのか--。ことあるたびに人は「子供が変わった」というがそれは「子供観」が変わったのである。

アリエスなど子供研究を踏まえ、今日のいじめや子供の権利条約に至るまでの戦後50年の軌跡を辿る。「戦争孤児はいまその岐路に立っている。この岐路はそのまま大きく言えば人類の福禍の岐路になる」(永井隆)。著者の思想的原点が戦争と原爆というのが印象的。そしてこの研究原点のつきけた問題は未だ未解決のまま、トピックに右往左往するのが現状であろう。

五百頁を超える大著ながら、子供観の変遷を辿る本書は読み応えのある刺激的な労作。初等教育に関わる人間には必須の一冊となるし、幅広く読まれて欲しい一冊だ。


http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN4-7684-3416-9.htm


Resize1047

子ども観の戦後史
子ども観の戦後史
posted with amazlet at 13.05.27
野本 三吉
現代書館
売り上げランキング: 1,144,332

|

« 覚え書:「今週の本棚:村上陽一郎・評 『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『宇宙はこう考えられている』」、『毎日新聞』2013年05月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:川本三郎・評 『文人荷風抄』=高橋英夫・著」、『毎日新聞』2013年05月26日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51801584

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:野本三吉『子供観の戦後史 増補改訂版』現代書館、2007年。:

« 覚え書:「今週の本棚:村上陽一郎・評 『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『宇宙はこう考えられている』」、『毎日新聞』2013年05月26日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:川本三郎・評 『文人荷風抄』=高橋英夫・著」、『毎日新聞』2013年05月26日(日)付。 »