« 覚え書:「書評:「グローバリズム」の歴史社会学 フラット化しない世界 [著]木村雅昭 [評者]萱野稔人」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:考える練習 [著]保坂和志」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 »

書評:大江健三郎ほか『いま、憲法の魂を選びとる』岩波ブックレット、2013年。

101

-----

あの方は、本当に、姿かたちがそれは素敵な方でしたよ。背がすらりとして本当に素敵な人でしたけれども、姿かたち以上に、言動が本当に立派だと思いました。いいことをおっしゃる人でした。そして、決しておごることなく、毎日、足を棒にして日本中に平和を説いたのです。いまのこの戦争は、本当に日本のとるべき戦争ではないのだと、もっと平和でなければならないのだということを、一所懸命説いていらした安倍さんの姿を、私は思い起こします。
 三木も一緒に、一所懸命働いていたには違いないのですけれども、早く世を去られた安倍さんのことを考えますと、本当に残念に思われます。安倍さんのお子さん(安倍晋太郎元外相)も亡くなり、お孫さんは天下を取って総理大臣になっていらっしゃるのに、おじいさまのことをご存じないのですね。(二〇〇七年六月九日、「九条の会」学習会での挨拶より)
    --三木睦子「あなたのおじいちゃまはねぇ」、大江健三郎ほか『いま、憲法の魂を選びとる』岩波ブックレット、2013年、6-7頁。

-----

大江健三郎ほか『いま、憲法の魂を選びとる』岩波ブックレット、読了。12年9月の「九条の会」講演会をもとに奥平康弘・小森陽一両氏の対談を加えた一冊。96条改正提案が意味すること・目指すものを、生活の視座から浮き彫りにする。権力を制限し国民主権(財産)を守る意義考えるきっかけになる一冊。

本書の冒頭は三木元首相夫人睦子が安倍晋三さんに贈る「あなたのおじいちゃまはねぇ」(07年9条の会勉強会)。祖父の岸信介のみ脚光浴びる中で、埋もれたもう一人の祖父安倍寛の軌跡(自由と平和の闘士)から軽挙妄動を窘める。

続く大江さ「この国は民主主義の国か」では「私らの記憶のうちに生きる三木睦子さんにも聞いていただくつもりで」、「国民が少なくと本当に平和で手をつなぎ合って暮らせるならば、大国じゃなくたっていいじゃないか」と言葉を紹介。

三木元首相は防衛費1%決定で有名だが、睦子女史は「あなたはなぜ自民党議員なんだ」と誰何、「自分が辞めてしまったら、この国は憲法を変えて、戦争をする国になるよ」と元首相は答えた(澤地久枝「意志と勇気が試されるとき」)。

看板としての「保守」=絶対悪の如き脊髄反射は論外だが、保守に脈打つ多様な自由と平和への希求(それは戦争経験者だから)の存在には、兎に角外交対立に便乗する現在の痩せ細った自称「保守」の怯懦と怠慢を感じられずにはいられない。

奥平康弘・小森陽一対談「国民主権を守る思想としての憲法」も秀逸。「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」は権利保障されても人は生きていけない。だから二項で責任主体を「国」と規定する。平和主義の内実も示唆する。昨今の生活保護抑制議論や新自由主義的「自己責任論」の高踏が反平和主義と親和的であることは意義深い。

-----

奥平 例えば、憲法二十五条についてはあまり議論したことがないけれども、あれがあるということは、考えてみればすごい潜在的能力を持つもの、有効に闘っていくことができるものの一つなんです。「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」があなたにあるんだよと、これをどうプログラムしていくかということなんですから。
小森 二十五条には、権利だけを保障されても生きていけないのであって、責任を取るのは誰かということで二項に「国は」という主体が明記されている。だからこそ、二〇〇八年のリーマンブラザーズ・ショック以降、とことん国の責任が求められていきました。小泉政権の時に製造業にまで労働者派遣ができるように法律を改めたことによって、派遣切りが増えた。それに対して、二十五条を掲げて厚生労働省に直接交渉したのが、二〇〇八年の年末から二〇〇九年年始への年越し派遣村でした。あの運動には一瞬ですが、分裂していた全ての労働組合が後押しをしました。これが二〇〇九年の政権交代の大きな力につながったけれど、それを民主党という政党が公約を裏切って滅茶苦茶に踏みしだいたという帰結に今、あるわけです。そういう意味では、もう一回民主主義的な主体をそれぞれが選び取ってどうするのかということも、現段階の憲法の思想として捉えていかなければならないですね。
奥平 それがまさに、「生きた憲法=living constitution」あるいは「憲法を生きる」ということです。(二〇一三年二月七日、岩波書店にて)
    --奥平康弘・小森陽一「対談 国民主権を守る思想としての憲法」、大江健三郎ほか『いま、憲法の魂を選びとる』岩波ブックレット、2013年、60-61頁。

Resize1033
いま、憲法の魂を選びとる (岩波ブックレット)
大江 健三郎 奥平 康弘 澤地 久枝 三木 睦子 小森 陽一
岩波書店
売り上げランキング: 8,021

|

« 覚え書:「書評:「グローバリズム」の歴史社会学 フラット化しない世界 [著]木村雅昭 [評者]萱野稔人」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:考える練習 [著]保坂和志」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51781910

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:大江健三郎ほか『いま、憲法の魂を選びとる』岩波ブックレット、2013年。:

« 覚え書:「書評:「グローバリズム」の歴史社会学 フラット化しない世界 [著]木村雅昭 [評者]萱野稔人」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:考える練習 [著]保坂和志」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 »