« 現実の進行は、すべての予想を裏切る。 | トップページ | 覚え書:「【自著を語る】『思想としての「医学概論」 いま「いのち」とどう向き合うか』 高草木光一さん(慶応義塾大学経済学部教授)」、『東京新聞』2013年4月23日(火)付。 »

覚え書:「書評:政治をあきらめない理由 [著]ジェリー・ストーカー [訳]山口二郎」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。

301_2


-----

政治をあきらめない理由 [著]ジェリー・ストーカー [訳]山口二郎
[掲載]2013年04月28日   [ジャンル]政治 

 民主主義は世界中に広がってきたのに、人々が政治に幻滅しているのはなぜか。英国の政治学者が、再生への道を探った。
 政治家に対する懐疑的な見方や、ポピュリズムが高まっている。グローバル化や科学技術の発展で政治は軽視されてきた。では、どうするか。「有能なアマチュア」になれるよう、市民が発言できる機会を広げることだ。政治は、競合する利益や意見の中から意思決定を絞り出す仕事であり、妥協や失望がつきものだが、自由や福祉を守る重要な営み、と考えるべきだという。
 このような「二枚腰の理想主義」は日本にもあり、丸山眞男、堀田善衞、湯浅誠の著作も読んでほしいと訳者は述べている。
    ◇
 岩波書店・3360円
    --「書評:政治をあきらめない理由 [著]ジェリー・ストーカー [訳]山口二郎」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。

-----

http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013042800002.html

Resize0944

政治をあきらめない理由――民主主義で世の中を変えるいくつかの方法
ジェリー・ストーカー
岩波書店
売り上げランキング: 112,568


|

« 現実の進行は、すべての予想を裏切る。 | トップページ | 覚え書:「【自著を語る】『思想としての「医学概論」 いま「いのち」とどう向き合うか』 高草木光一さん(慶応義塾大学経済学部教授)」、『東京新聞』2013年4月23日(火)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51480328

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:政治をあきらめない理由 [著]ジェリー・ストーカー [訳]山口二郎」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。:

« 現実の進行は、すべての予想を裏切る。 | トップページ | 覚え書:「【自著を語る】『思想としての「医学概論」 いま「いのち」とどう向き合うか』 高草木光一さん(慶応義塾大学経済学部教授)」、『東京新聞』2013年4月23日(火)付。 »