« 覚え書:「書評:自然災害と民俗 [著]野本寛一 [評者]角幡唯介」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:ろくでなしのロシア―プーチンとロシア正教 [著]中村逸郎 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 平和主義は米の押し付けか」、『毎日新聞』2013年05月03日(金)付。


101

-----

みんなの広場
平和主義は米の押し付けか
会社員 23(神奈川県小田原市)

 私の職場では毎年憲法記念日にさまざまなテーマで憲法について考えてきた。これをきっかけに、私は社会人になってから初めて憲法を学び、多くの意見を読んで、「私たちの日本国憲法」とは何であるか、疑問に思った。
 今の日本国憲法は連合国軍総司令部からの押し付けられた憲法であるから改正し、独自の憲法を持つべきだ、という意見がある。しかし、本当に平和主義はアメリカに押し付けられたのだろうか。日本国民は平和主義、国民主権、基本的人権の尊重を望まなかったのか。私は平和な世の中は全ての人が望んでいることであり、人が生まれながらにして持つ権利であると思う。
 憲法改正の声が高まる今、私たちは将来のために国に何を望むか、必要な権利は何か、平和とは何か、そして「私たちの憲法」とは何か、真剣に考えていかなければならないと感じた。
    --「みんなの広場 平和主義は米の押し付けか」、『毎日新聞』2013年05月03日(金)付。

-----

12

Resize0945


|

« 覚え書:「書評:自然災害と民俗 [著]野本寛一 [評者]角幡唯介」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:ろくでなしのロシア―プーチンとロシア正教 [著]中村逸郎 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51493594

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 平和主義は米の押し付けか」、『毎日新聞』2013年05月03日(金)付。:

« 覚え書:「書評:自然災害と民俗 [著]野本寛一 [評者]角幡唯介」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:ろくでなしのロシア―プーチンとロシア正教 [著]中村逸郎 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年04月28日(日)付。 »