« 書評:飯倉章『黄禍論と日本人 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか』中公新書、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:ユーロ消滅?―ドイツ化するヨーロッパへの警告 [著]ウルリッヒ・ベック [訳]島村賢一 [評者]水野和夫」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 »

覚え書:「書評:歌は季につれ [著]三田完 [評者]三浦しをん(作家)」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。

301_2

-----

歌は季につれ [著]三田完
[評者]三浦しをん(作家)  [掲載]2013年05月12日   [ジャンル]文芸 

■口ずさめば心にほのかな明かり

 著者の三田完氏は、作家であり俳人でもある。もともとはテレビの音楽番組を作っていたらしい。阿修羅像なみに多様な顔を持つ男……!
 よって、このエッセー集では、折々の出来事や風物から連想される歌謡曲と、それに呼応するような名句と、著者が見聞きしたり考えたりした事柄とを味わえる。一粒で三度おいしい。
 著者がともに仕事をした阿久悠や美空ひばりの姿。「雪の降る街を」や「渚(なぎさ)のはいから人魚」といった、人々に愛される歌にまつわる思い出。ちなみに、「渚のはいから人魚」に添えられるのは橋本薫の句、「流れ藻や涼しかるらん人魚の血」だ。しびれる。
 連載途中で東日本大震災が起きるが、著者の筆致は上擦らず荒ぶらない。俳句や歌謡曲といった、ひとの心から生じた「歌」はすべて、楽しいときもつらいときも私たちのそばにあり、口ずさめば心にほのかな明かりを灯(とも)してくれる。本書もまた、そういう「歌」のようなエッセー集だ。
    ◇ 
 幻戯書房・2310円
    --「書評:歌は季につれ [著]三田完 [評者]三浦しをん(作家)」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。

-----


http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013051200011.html

Resize1008


歌は季につれ
歌は季につれ
posted with amazlet at 13.05.19
三田完
幻戯書房
売り上げランキング: 82,928

|

« 書評:飯倉章『黄禍論と日本人 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか』中公新書、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:ユーロ消滅?―ドイツ化するヨーロッパへの警告 [著]ウルリッヒ・ベック [訳]島村賢一 [評者]水野和夫」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51694582

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:歌は季につれ [著]三田完 [評者]三浦しをん(作家)」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。:

« 書評:飯倉章『黄禍論と日本人 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか』中公新書、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:ユーロ消滅?―ドイツ化するヨーロッパへの警告 [著]ウルリッヒ・ベック [訳]島村賢一 [評者]水野和夫」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 »