« 覚え書:「書評:江戸絵画の非常識―近世絵画の定説をくつがえす [著]安村敏信 [評者]横尾忠則」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 | トップページ | 書評:飯倉章『黄禍論と日本人 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか』中公新書、2013年。 »

覚え書:「書評:日本における新聞連載子ども漫画の戦前史 [著]徐園 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。


201


-----

日本における新聞連載子ども漫画の戦前史 [著]徐園
[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)  [掲載]2013年05月12日   [ジャンル]歴史 アート・ファッション・芸能 


■ヒトコマから読む社会の動態

 著者(中国人研究者)は本書の狙いをこの表題を歴史に「刻む」ことと書く。子ども漫画史から日本社会の動態を問い直すとの姿勢だ。
 タテ軸(歴史)とヨコ軸(時代)を明確にするために、明治からの東京で発行された主要日刊全国紙8紙全てに目を通し、漫画のヒトコマずつを分析して、そこにどのような国家意思、日本人の好みや価値観があらわれていたか、平易に説明している。本文中の各種各様のリスト作成の熱意に圧倒される。
 明治35年に北沢楽天によって誕生した子ども漫画史は、五つの時期に分類される。意外なことに昭和5年から12年までが繁栄期で、漫画本数は131本と史上最高の数に達した。戦争期とも重なり、漫画の主人公は(1)国家の象徴(2)国家のために行動するとの特徴があった。「日の丸ポン吉」のように頬に日の丸がつく少年が主人公だったりする。
 大衆のエネルギーに支持された子ども漫画との結論が新鮮である。
    ◇
 日本僑報社・7350円
    --「書評:日本における新聞連載子ども漫画の戦前史 [著]徐園 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。

-----

http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013051200012.html

Resize1004


日本における新聞連載子ども漫画の戦前史
徐園
日本僑報社
売り上げランキング: 100,824

|

« 覚え書:「書評:江戸絵画の非常識―近世絵画の定説をくつがえす [著]安村敏信 [評者]横尾忠則」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 | トップページ | 書評:飯倉章『黄禍論と日本人 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか』中公新書、2013年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51689614

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:日本における新聞連載子ども漫画の戦前史 [著]徐園 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。:

« 覚え書:「書評:江戸絵画の非常識―近世絵画の定説をくつがえす [著]安村敏信 [評者]横尾忠則」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 | トップページ | 書評:飯倉章『黄禍論と日本人 欧米は何を嘲笑し、恐れたのか』中公新書、2013年。 »