« 書評:大江健三郎ほか『いま、憲法の魂を選びとる』岩波ブックレット、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:怪獣文藝 [編]東雅夫 [評者]川端裕人」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 »

覚え書:「書評:考える練習 [著]保坂和志」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。


301_2

-----

考える練習 [著]保坂和志
[掲載]2013年05月19日   [ジャンル]人文 

 消費税増税、TPP、原発ほか現代は賛否に迷う問題に満ちていて、「どうすれば自分の頭で考えることができるのか」と思った若い編集者が、作家に「考える方法」を教えてもらいたいと、12回にわたって講義を受けた。作家のスタンスは、そもそも「わかる」のは目的ではない、公式をいくら覚えてもだめ、公式を自分で立てられなくては、と、「わかろうとする」営為からどんどん遠ざかる。その遠ざかること自体が「考える」そのものでもあるのだが。
 政治、経済、文学、スポーツ……話題は人生観のひだにも及ぶ。タイトルは「ハウツー」的だが、親切な保坂さんの講義はその土台から掘り起こす。編集者の狙いもそこにあるのだ。
    ◇
 大和書房・1680円
    --「書評:考える練習 [著]保坂和志」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013051900006.html:title]

Resize1039

考える練習
考える練習
posted with amazlet at 13.05.26
保坂 和志
大和書房
売り上げランキング: 2,828

|

« 書評:大江健三郎ほか『いま、憲法の魂を選びとる』岩波ブックレット、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:怪獣文藝 [編]東雅夫 [評者]川端裕人」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51782104

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:考える練習 [著]保坂和志」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。:

« 書評:大江健三郎ほか『いま、憲法の魂を選びとる』岩波ブックレット、2013年。 | トップページ | 覚え書:「書評:怪獣文藝 [編]東雅夫 [評者]川端裕人」、『朝日新聞』2013年05月19日(日)付。 »