« 書評というかファーストインプレッション:安部龍太郎『等伯』日本経済新聞出版、2012年。 | トップページ | 覚え書:「書評:文人荷風抄 高橋英夫著」、『東京新聞』2013年5月26日(日)付。 »

覚え書:「書評:ミッキーの書式 戦後まんがの戦時下起源 大塚英志著」、『東京新聞』2013年5月26日(日)付。


3


-----

ミッキーの書式 戦後まんがの戦時下起源 大塚 英志 著

2013年5月26日

[評者]阿部嘉昭=北海道大准教授
◆円と黒の造型が躍動
 『鳥獣戯画』などの鳥羽絵の伝統とポストモダンが化合して、世界に冠たるクールジャパン・コンテンツが成立したという日本中心主義的な通説に、表現史からの正論をぶつけてみせた大塚の面目躍如たる一冊だ。責任不在の通説に対して大塚は本書をこう語りだす。大正アヴァンギャルドが注目した、エイゼンシュテインらをはじめとするロシア構成主義がディズニーアニメと交錯して、戦前のまんが原理がゆるやかに形成されていったのだから、日本まんがの形成史はじつは日本固有ではない。しかも構成主義は機械礼賛的な戦時体制と安直に結びつく。戦前・戦中のサブカルチャーの土壌は、実際そんな汚辱にまみれているのだと。
 その後にあふれてくるのは戦前まんがへの深い愛着だ。田河水泡『のらくろ』に見え隠れする構成主義と、映画性の萌芽(ほうが)。ミッキーマウスを模倣して、造型に複数の円を組み合わせ、全体を黒にしたことで、「ミッキーの書式」からなる二足歩行動物キャラクターが田河以外にも躍動しだす。これが手塚治虫の登場の土台になった。
 戦時下の「科学」を子供向けまんがで捉えなおそうとした大城のぼるがストーリーを手放してゆく経緯と、海軍省後援アニメ『桃太郎 海の神兵』との構造的類似など、具体的な見解が満載。それらを実証する豊富なレア図版も見事だ。
 おおつか・えいじ 1958年生まれ。評論家。著書『戦後まんがの表現空間』。
 (角川学芸出版・3675円)
◆もう1冊 
 米沢嘉博著『戦後SFマンガ史』(ちくま文庫)。手塚治虫など戦後マンガの勃興期にSFが主流であった理由を考察。
    --「書評:ミッキーの書式 戦後まんがの戦時下起源 大塚英志著」、『東京新聞』2013年5月26日(日)付。

-----


http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2013052602000189.html

Resize1070


ミッキーの書式    戦後まんがの戦時下起源 (角川叢書)
大塚 英志
角川学芸出版
売り上げランキング: 95,834

|

« 書評というかファーストインプレッション:安部龍太郎『等伯』日本経済新聞出版、2012年。 | トップページ | 覚え書:「書評:文人荷風抄 高橋英夫著」、『東京新聞』2013年5月26日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51856784

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:ミッキーの書式 戦後まんがの戦時下起源 大塚英志著」、『東京新聞』2013年5月26日(日)付。:

« 書評というかファーストインプレッション:安部龍太郎『等伯』日本経済新聞出版、2012年。 | トップページ | 覚え書:「書評:文人荷風抄 高橋英夫著」、『東京新聞』2013年5月26日(日)付。 »