« 書評:平田オリザ『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』講談社現代新書、2012年。 | トップページ | 覚え書:「書評:「幸せ」の戦後史 [著]菊地史彦 [評者]田中優子」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 »

たまこの帰還

101


水曜の朝、珠子が入院して避妊手術を受けました。

午後に病院から電話があって無事終了したとの由。木曜日に迎えに行きました。

1日だけですが、帰宅して彼女がいないと寂しいものです(涙

病院に預けたその日、珠子を病院を連れてって検査して預けて帰ろう細君がしたとき、珠子ちゃんがつぶらな瞳で出てゆく細君を凝視していて、その眼差しに答えることに耐えかねたと細君が言っていた。そんな話を聞いてレヴィナスの議論を想起した。という話をしたら、あんたが連れてってといわれた。

木曜の夕刻、避妊手術を終えた珠子が帰宅しました。

手術は無事終わったようですが、気丈な珠子は、一言も鳴かず一睡もせす、小さな躰で迎えを待っていたとの由。

細君が迎えに行くと初めて「にゃー」と。帰宅してから安心して寝ています。人間のエゴとは故すまない。

昨日は疲れたようでぐっすり睡眠。動きがぎごちないですが、徐々に元の生活に戻っていくような感じです。


Resize1

|

« 書評:平田オリザ『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』講談社現代新書、2012年。 | トップページ | 覚え書:「書評:「幸せ」の戦後史 [著]菊地史彦 [評者]田中優子」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまこの帰還:

« 書評:平田オリザ『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』講談社現代新書、2012年。 | トップページ | 覚え書:「書評:「幸せ」の戦後史 [著]菊地史彦 [評者]田中優子」、『朝日新聞』2013年05月12日(日)付。 »