« 覚え書:「書評:彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか?―窃盗癖という病 [著]河村重実 [監修]竹村道夫 [評者]鷲田清一」、『朝日新聞』2013年06月02日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:旅立つ理由 [著]旦敬介 [評者]内澤旬子」、『朝日新聞』2013年06月02日(日)付。 »

書評:金森修『動物に魂はあるのか 生命を見つめる哲学』中公新書、2012年。


101

金森修『動物に魂はあるのか 生命を見つめる哲学』中公新書、読了。動物には魂があるのか、それとも機械なのか。本書はアリストテレスからデリダに至るまでの動物霊魂論……主として17-18世紀フランス思想……の系譜を読み直す試み。動物とは何かとの問いは人間とは何かを変奏する。

機械論vs霊魂論。「動物論の背後には、不可視の境界に接するように、議論場の背後に人間論が控えている」。西洋世界の知的冒険は、全肯定という名の全体への回収としての日本的融通無碍に対して、積極的な刺激になるであろう。

デカルト以降カントまでのフランス思想史は定型で済まされその名実が問われることは殆どない。機械論と霊魂論の拮抗した二百年の思想史を拾い上げる本書は、優れた近代哲学(心身論)の入門書ともなっている。

「お前がそんなに複雑で優れた魂をもっているのは、他人だけではなく、他の生物にもできる限り気遣いをすることができるように、そうなっているんだよ」。他より少し「特別」と自認する人間の在り方を自覚し直したい。

Resize1105
動物に魂はあるのか 生命を見つめる哲学 (中公新書)
金森修
中央公論新社
売り上げランキング: 172,417

|

« 覚え書:「書評:彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか?―窃盗癖という病 [著]河村重実 [監修]竹村道夫 [評者]鷲田清一」、『朝日新聞』2013年06月02日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:旅立つ理由 [著]旦敬介 [評者]内澤旬子」、『朝日新聞』2013年06月02日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/51954414

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:金森修『動物に魂はあるのか 生命を見つめる哲学』中公新書、2012年。:

« 覚え書:「書評:彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか?―窃盗癖という病 [著]河村重実 [監修]竹村道夫 [評者]鷲田清一」、『朝日新聞』2013年06月02日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:旅立つ理由 [著]旦敬介 [評者]内澤旬子」、『朝日新聞』2013年06月02日(日)付。 »