« 覚え書:「書評:<驚異の旅>または出版をめぐる冒険 [著]石橋正孝 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年06月09日(日)付。 | トップページ | 書評:姜在彦『朝鮮儒教の二千年』講談社学術文庫、2012年。 »

覚え書:「書評:植物はそこまで知っている [著]ダニエル・チャモヴィッツ」、『朝日新聞』2013年06月09日(日)付。

201


-----

植物はそこまで知っている [著]ダニエル・チャモヴィッツ
[掲載]2013年06月09日   [ジャンル]科学・生物 


 植物は人が近づいて来るのを「見ている」。さらに、葉をちぎられたことを「記憶する」という。想像以上に発達している植物の感覚について、生物学者が研究成果を踏まえて解説する一冊。
 仲間が虫に食われると、においを「嗅ぐ」ことで察知して、身を守る化学物質を出す木もある。となると、そこに「痛み」や「感情」の存在を考えたくなるのが人情だ。ただ、著者は「植物は苦しまない。脳がないのだから」とクギを刺す。
 植物と私たちは、20億年前に枝分かれして進化してきたという。遠い遠い「親戚」が、どんな世界を見て感じているのか、想像してみるのも楽しい。
    ◇
 矢野真千子訳、河出書房新社・1680円
    --「書評:植物はそこまで知っている [著]ダニエル・チャモヴィッツ」、『朝日新聞』2013年06月09日(日)付。

-----

[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013060900008.html:title]


Resize1150


植物はそこまで知っている ---感覚に満ちた世界に生きる植物たち
ダニエル・チャモヴィッツ
河出書房新社
売り上げランキング: 2,647

|

« 覚え書:「書評:<驚異の旅>または出版をめぐる冒険 [著]石橋正孝 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年06月09日(日)付。 | トップページ | 書評:姜在彦『朝鮮儒教の二千年』講談社学術文庫、2012年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52104716

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:植物はそこまで知っている [著]ダニエル・チャモヴィッツ」、『朝日新聞』2013年06月09日(日)付。:

« 覚え書:「書評:<驚異の旅>または出版をめぐる冒険 [著]石橋正孝 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年06月09日(日)付。 | トップページ | 書評:姜在彦『朝鮮儒教の二千年』講談社学術文庫、2012年。 »