« 覚え書:「書評:統合の終焉―EUの実像と論理 [著]遠藤乾 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年06月23日(日)付。 | トップページ | 書評:イーヴァル・ロー=ヨハンソン(西下彰俊、渡辺博明、兼松麻紀子訳)『スウェーデン 高齢者福祉改革の原点 ルポルタージュからの問題提起』新評論、2012年。 »

覚え書:「書評:青い花 辺見庸 著」、『東京新聞』2013年06月23日(日)付。


201_3


-----

青い花 辺見庸 著

2013年6月23日


写真
◆大災厄をさまよう魂
[評者]横尾和博=文芸評論家
 本書は現代の「黙示録」だ。文学はイメージであり、ビジョンである。瓦礫(がれき)と廃墟(はいきょ)をこれほどまでに鮮やかに、激しく描いた作品を私はほかに知らない。描かれた世界は大地震、大津波、原発事故、戦争の惨禍にあるニッポンで、過去、現在、近未来が交錯する。ストーリーらしきものはない。ただ線路の上を歩く中年男の意識の流れを一人語りで綴(つづ)っていくだけだ。男はひたすら薬物「ポラノン」を求めて線路の上をあるいている。
 この男を災厄での死者、精神科の入院患者、はたまた夢の中の記述と、どのように考えても読者の自由である。そう考えると私たちは重苦しいトーンから解放される。私はコッポラの『地獄の黙示録』を想起した。ただ現代の私たちは「黙示録」のような終末への予言書をもちあわせていない。それが私たちの悲劇の始まりかもしれない。大地震と原発事故。「黙示録」に示されたような事象を私たちは見てきた。しかしそこに語られている言葉には現象はあるが本質はない。
 作中の精神科病院のくだりや青い花の比喩(ひゆ)はロシアの作家、ガルシンの「あかい花」を下敷きにしている。「あかい花」は「世界のありとあらゆる悪が集まる」象徴だった。「青い花」の意味とはなんだろう。希望の喩か、幻覚の産物か。私は大災厄での死者の魂とうけとめた。極めつきの「震災文学」である。
 へんみ・よう 1944年生まれ。作家。著書『水の透視画法』など。
(角川書店・1680円)
◆もう1冊
 辺見庸著『瓦礫の中から言葉を』(NHK出版新書)。石巻出身の著者が、死者たちに届く言葉とは何かを問う。
    --「書評:青い花 辺見庸 著」、『東京新聞』2013年06月23日(日)付。

-----

[http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2013062302000171.html:title]


Resize1202


青い花
青い花
posted with amazlet at 13.06.29
辺見 庸
角川書店
売り上げランキング: 20,863

|

« 覚え書:「書評:統合の終焉―EUの実像と論理 [著]遠藤乾 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年06月23日(日)付。 | トップページ | 書評:イーヴァル・ロー=ヨハンソン(西下彰俊、渡辺博明、兼松麻紀子訳)『スウェーデン 高齢者福祉改革の原点 ルポルタージュからの問題提起』新評論、2012年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52229520

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:青い花 辺見庸 著」、『東京新聞』2013年06月23日(日)付。:

« 覚え書:「書評:統合の終焉―EUの実像と論理 [著]遠藤乾 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年06月23日(日)付。 | トップページ | 書評:イーヴァル・ロー=ヨハンソン(西下彰俊、渡辺博明、兼松麻紀子訳)『スウェーデン 高齢者福祉改革の原点 ルポルタージュからの問題提起』新評論、2012年。 »