« 覚え書:「書評:褐色の世界史 第三世界とはなにか ヴィジャイ・プラシャド 著」、『東京新聞』2013年6月23日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:統合の終焉―EUの実像と論理 [著]遠藤乾 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年06月23日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 許せるわけがない 高市発言」、『毎日新聞』2013年06月24日(月)付。

101_2

-----

みんなの広場
許せるわけがない 高市発言
農業 64(福島県桑折町)

批判を浴びたために撤回し、謝罪したからといって発言した事実が消えるわけではない。「原発事故で死亡者が出ている状況ではない」という高市早苗自民党政調会長の発言に福島県民として憤りを感じる。参院選があるために慌てて撤回したと非難されても仕方あるまい。
 一体どれだけの人が原発自己によって非業の死を遂げられているか。その多くが原発事故による避難を強いられている方々だ。仮設住宅に住んでいる人にじかに聞いてみてほしい。「仮設で死にたくない。せめて死ぬときは自宅で死にたい」と言った80代の避難者の方の声は忘れられない。原発事故が原因で今も5万人以上の人が県外で避難している現実を見ての発言だったのか。
 世界一安全だと原発を他国に売り込む政権与党の政調会長の発言として容認できない。
 まず1週間でよい。現地に来て、見て、住んで2年過ぎても収まらない原発事故の現実を体験してほしい。
    --「みんなの広場 許せるわけがない 高市発言」、『毎日新聞』2013年06月24日(月)付。

-----


102

Resize1197

|

« 覚え書:「書評:褐色の世界史 第三世界とはなにか ヴィジャイ・プラシャド 著」、『東京新聞』2013年6月23日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:統合の終焉―EUの実像と論理 [著]遠藤乾 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年06月23日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52229342

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 許せるわけがない 高市発言」、『毎日新聞』2013年06月24日(月)付。:

« 覚え書:「書評:褐色の世界史 第三世界とはなにか ヴィジャイ・プラシャド 著」、『東京新聞』2013年6月23日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:統合の終焉―EUの実像と論理 [著]遠藤乾 [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年06月23日(日)付。 »