« 覚え書:「今週の本棚:鹿島茂・評 『メディアとしての紙の文化史』=ローター・ミュラー著」、『毎日新聞』2013年07月14日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『私の最高裁判所論 憲法の求める司法の役割』=泉徳治・著」、『毎日新聞』2013年07月14日(日)付。 »

書評:中西竜也『中華と対話するイスラーム 17-19世紀中国ムスリムの思想的営為』京都大学学術出版会、2013年。

101


中西竜也『中華と対話するイスラーム 17-19世紀中国ムスリムの思想的営為』京都大学学術出版会、読了。俗にイスラームは商人の宗教といわれたように、在中ムスリムはイスラーム勃興期に起源をもつ。本書は、アジア各地からやってきたムスリム移民の土着内開花(「中国的イスラーム」)を素描する。

中国内ムスリムの危機は明朝。「回回は天下に遍あまねし」から一転して、外国人ムスリムの入国が制限される。結果、在中ムスリムは、中国の伝統的思想や中国社会の現実との対応を迫られる。独自性保持と協調が課題となる。

本書の圧巻はイスラームの「漢訳」における中国伝統思想との対話、そして、近世中国内地におけるスーフィズム(ペルシア語イスラームの中国受容含む)を明らかにした点である。画一的なムスリム認識を原典に即して一新する快著。

[http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=1881:title]

Resize1281



|

« 覚え書:「今週の本棚:鹿島茂・評 『メディアとしての紙の文化史』=ローター・ミュラー著」、『毎日新聞』2013年07月14日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『私の最高裁判所論 憲法の求める司法の役割』=泉徳治・著」、『毎日新聞』2013年07月14日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52522779

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:中西竜也『中華と対話するイスラーム 17-19世紀中国ムスリムの思想的営為』京都大学学術出版会、2013年。:

« 覚え書:「今週の本棚:鹿島茂・評 『メディアとしての紙の文化史』=ローター・ミュラー著」、『毎日新聞』2013年07月14日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『私の最高裁判所論 憲法の求める司法の役割』=泉徳治・著」、『毎日新聞』2013年07月14日(日)付。 »