« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『波打ち際に生きる』=松浦寿輝・著」、『毎日新聞』2013年06月30日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:メディアとしての紙の文化史 ローター・ミュラー 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 平和憲法は理想の憲法」、『毎日新聞』2013年07月01日(月)付。


101_3

-----

みんなの広場
平和憲法は理想の憲法
無職 79(東京都練馬区)

 1945(昭和20)年3月の東京大空襲の夜、私は猛火の中を逃げ回り九死に一生を得ました。たった一夜で町は焦土になり市民十万余人が焼き殺されました。そして約300万人の方があの忌まわしい戦争の犠牲になりました。戦後ようやく新憲法ができてうれしい限りでした。戦後の授業で先生が「この憲法は世界に誇る理想の平和憲法だから、どんなことがあっても守り続けなければならない」と涙ぐみながら言われました。先生のお父さんも戦死されたとのことでした。
 戦争と再軍備を永遠に放棄した平和憲法のお陰で世界から信頼され、現在まで戦争犠牲者もださずにめざましい復興も成し遂げられたのではないでしょうか。その平和憲法を96条のハードルを下げても改悪するというのはとんでもない暴論です。また戦争で迷惑をかけた近隣諸国、そして世界への平和の誓いをほごにする裏切り行為でもあります。憲法改悪は戦争への道への逆戻りで絶対に許してはならないと思います。
    --「みんなの広場 平和憲法は理想の憲法」、『毎日新聞』2013年07月01日(月)付。

-----
 


102_2

Resize1234

|

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『波打ち際に生きる』=松浦寿輝・著」、『毎日新聞』2013年06月30日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:メディアとしての紙の文化史 ローター・ミュラー 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52328499

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 平和憲法は理想の憲法」、『毎日新聞』2013年07月01日(月)付。:

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『波打ち際に生きる』=松浦寿輝・著」、『毎日新聞』2013年06月30日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:メディアとしての紙の文化史 ローター・ミュラー 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。 »