« 文の人(オーム・ド・レットル)・高崎隆治先生の思い出 | トップページ | 覚え書:「深海魚ってどんな魚―驚きの形態から生態、利用 [著]尼岡邦夫 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年07月21日(日)付。 »

覚え書:「もうひとつのこの世―石牟礼道子の宇宙 [著]渡辺京二」、『朝日新聞』2013年07月21日(日)付。


301


-----

もうひとつのこの世―石牟礼道子の宇宙 [著]渡辺京二
[掲載]2013年07月21日   [ジャンル]ノンフィクション・評伝 

 『苦海浄土』が作品としてまとまる過程に編集者として立ち合った著者は、当初から「傑作」であることを確信し、1969年からは石牟礼が書く原稿の大半を清書した。最も深い理解者の一人として、石牟礼作品は日本近代文学に出現したことがない「世界文学」であるという。書き下ろし「『天湖』の構造」を巻末に、石牟礼論を集成した。「もうひとつのこの世」を感受し、その様相を日本の農漁村、周縁、遊行の伝統を踏まえ幻想的世界として描き出してきた作家。作品によっては「必ずしも成功し」ていないとも率直に評しながら、「石牟礼さんとの出会いは、私の自己の再発見であった」と書く著者の、尊敬と友愛の念が深く伝わる。
    ◇
 弦書房・2310円
    --「もうひとつのこの世―石牟礼道子の宇宙 [著]渡辺京二」、『朝日新聞』2013年07月21日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013072100008.html:title]

Resize1326


もうひとつのこの世《石牟礼道子の宇宙》
渡辺 京二
弦書房
売り上げランキング: 11,863

|

« 文の人(オーム・ド・レットル)・高崎隆治先生の思い出 | トップページ | 覚え書:「深海魚ってどんな魚―驚きの形態から生態、利用 [著]尼岡邦夫 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年07月21日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52647563

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「もうひとつのこの世―石牟礼道子の宇宙 [著]渡辺京二」、『朝日新聞』2013年07月21日(日)付。:

« 文の人(オーム・ド・レットル)・高崎隆治先生の思い出 | トップページ | 覚え書:「深海魚ってどんな魚―驚きの形態から生態、利用 [著]尼岡邦夫 [評者]荒俣宏」、『朝日新聞』2013年07月21日(日)付。 »