« 覚え書:「みんなの広場 平和憲法は理想の憲法」、『毎日新聞』2013年07月01日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:図書館に通う 当世「公立無料貸本屋」事情 宮田昇 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。 »

覚え書:「書評:メディアとしての紙の文化史 ローター・ミュラー 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。


301_3

-----

【書評】

メディアとしての紙の文化史 ローター・ミュラー 著

2013年6月30日


写真
◆心血注がれた手紙
[評者]小倉孝誠=慶応大教授
 Eメールが一般化した現在、手紙を便箋に書くことは稀(まれ)になってきた。また電子書籍が広く普及すれば、紙媒体の本の価値が変わっていくだろう。とはいえそれは近年の現象で、人類は長い間、私的にも公的にも紙をいつくしみ、紙と深く関わってきた。本書は、その紙の文化的意義を歴史的にたどってみせる。
 中国とアラビアで生まれた紙がヨーロッパ文化の主役になるのは十五世紀、グーテンベルクが活版印刷術を発明してからである。印刷業は紙を必要とし、したがって製紙業の発達をうながした。しかし、当時はまだ手書きが主流で、印刷が手稿を消滅させたわけではなかった。
 手で書かれ、印刷されないものの代表が手紙。十七・八世紀は書簡の時代とも呼ばれ、人々は入念に便箋を選び、手紙に心血を注いだ。紙を媒体とする手紙には、強い情動が込められていたのだ。そして「紙の時代」である十九世紀、木材パルプだけから紙が製造できるようになり、紙の価格が下がった。それは定期刊行物(ジャーナル)の発展を助け、紙がメディアをになう主要な物質になったのである。
 西洋諸国全体を対象にし、作家や哲学者の興味深い証言を数多く引用している点で、視野の広い歴史書であり、紙と印刷業をめぐる文学史としても読める。本書で使われている紙の肌触りも独特で、装丁もまた美しい。
 Lothar Muller 1954年生まれ。ドイツの作家・ジャーナリスト。
(三谷武司訳、東洋書林・4725円)
◆もう1冊
 M・マクルーハン著『グーテンベルクの銀河系』(森常治訳、みすず書房)。印刷技術の歴史、人との関係を考察。
    --「書評:メディアとしての紙の文化史 ローター・ミュラー 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。

-----

[http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2013063002000167.html:title]

Resize1240


メディアとしての紙の文化史
ローター ミュラー
東洋書林
売り上げランキング: 147,404


|

« 覚え書:「みんなの広場 平和憲法は理想の憲法」、『毎日新聞』2013年07月01日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:図書館に通う 当世「公立無料貸本屋」事情 宮田昇 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

How could i put up WordPress free of burning off the whole set of listed html pages and posts?

投稿: ブルガリ キーケース | 2013年8月 2日 (金) 11時53分

What's going on along with the new WordPress dashboard??? MY SPOUSE AND I really don't understand how to operate it again!!!.

投稿: ブルガリ キーケース | 2013年8月 2日 (金) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52328514

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:メディアとしての紙の文化史 ローター・ミュラー 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。:

« 覚え書:「みんなの広場 平和憲法は理想の憲法」、『毎日新聞』2013年07月01日(月)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:図書館に通う 当世「公立無料貸本屋」事情 宮田昇 著」、『東京新聞』2013年6月30日(日)付。 »