« 覚え書:「対話集 原田正純の遺言 [編]朝日新聞西部本社/原田正純の道 [著]佐高信 [評者]田中優子」、『朝日新聞』2013年07月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「10万人のホームレスに住まいを! [著]青山やすし [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年07月28日(日)付。 »

書評:アダム・スミス(高哲男訳)『道徳感情論』講談社学術文庫、2013年。


101


風邪薬で仕事が進まなかったので『国富論』で名高いアダム・スミスの処女作、高哲男訳『道徳感情論』講談社学術文庫、読んだ。の著者の処女作が本書。「人間がまず隣人の、次に自分自身の行為や特徴を、自然に判断する際の原動力を分析するための論考」。

[:http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2921766:title]


スミスは人間の行為や特徴を検討することで、人間は利己的動物ながら他人に共感することができる。スミスは人間の行為とその特徴を検討することで、社会を形成する人間の「適合性」のメカニズムを具体的に本書で明らかにする。まさに英国道徳哲学の面目躍如。

(狭義の経済学には門外漢ながら)分析が対象を扼殺するのは学の常。人間の全体よりも部分に注目するが、(スミスは『国富論』での議論も含め)全体性をとらえようと努力している感がある。五百頁を超える訳書ながら非常に読みやすく示唆に富む一冊だった。

先験的な規範よりも、相互検討的な適合性によって導かれる行為規範を尊重し、それを絶えず検討することで徳のある社会が実現可能となる。英国流の経験主義と言ってしまえばそれまでだが、このアプローチは必要不可欠と思う。古典中の古典ながらおすすめの一冊。


Resize0003


道徳感情論 (講談社学術文庫)
アダム・スミス
講談社
売り上げランキング: 21,039

|

« 覚え書:「対話集 原田正純の遺言 [編]朝日新聞西部本社/原田正純の道 [著]佐高信 [評者]田中優子」、『朝日新聞』2013年07月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「10万人のホームレスに住まいを! [著]青山やすし [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年07月28日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52720629

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:アダム・スミス(高哲男訳)『道徳感情論』講談社学術文庫、2013年。:

« 覚え書:「対話集 原田正純の遺言 [編]朝日新聞西部本社/原田正純の道 [著]佐高信 [評者]田中優子」、『朝日新聞』2013年07月28日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「10万人のホームレスに住まいを! [著]青山やすし [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年07月28日(日)付。 »