« 覚え書:「【自著を語る】『宮沢賢治の菜食思想』 鶴田静さん(エッセイスト)」、『東京新聞』2013年08月06日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「戦場の軍法会議―日本兵はなぜ処刑されたのか [著]NHK取材班、北博昭 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年08月04日(日)付。 »

覚え書:「ヘイトスピーチ問題:6割以上知らず…大学生ら意識調査」、『毎日新聞』2013年08月09日(金)付。

101


-----

ヘイトスピーチ問題:6割以上知らず…大学生ら意識調査
毎日新聞 2013年08月09日

 東京や大阪などで在日コリアン排斥などを掲げる「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」デモなどを巡り、大都市圏の大学生ら約1000人に意識調査をしたところ、6割以上がヘイトスピーチの問題を知らなかったことが分かった。無回答も目立ったといい、調査を実施した東洋大社会学部の井沢泰樹教授(教育社会学)は「多くの若者はアジアの問題をどう受け止めるべきか、判断できる材料を(学校教育の中で)与えられてこなかったのではないか」と分析する。

 調査は在日コリアン青年連合(事務局・大阪)と共同で6~7月に実施。東京、大阪などの18~23歳を中心に計1014人が回答した。

 それによると、ヘイトスピーチの問題を知っていたのは全体の35%。どう思うかを聞いたところ、「絶対やめるべきだ」「よくないと思う」の合計が7割を超えたが、「何とも思わない」(10.3%)、「共感する」(7.4%)との回答もあった。

 また、全体の約7割が身近に在日コリアンの友人や知人はいないと回答。日本とアジアの近現代史を巡る学校での歴史教育について、7割超が「不足」と感じていた。

 一方、17~39歳の在日コリアン91人にも調査を実施。ヘイトスピーチを知る前後での変化を問う設問では、同じ在日の友人を求めるようになった(8人)▽日本人が怖くなった(7人)▽在日と知られるのを避けるようになった(6人)--などの回答が並んだ。【小泉大士】 
    --「ヘイトスピーチ問題:6割以上知らず…大学生ら意識調査」、『毎日新聞』2013年08月09日(金)付。

-----


[http://mainichi.jp/select/news/20130809k0000m040053000c.html:title]


12


Resize1362

|

« 覚え書:「【自著を語る】『宮沢賢治の菜食思想』 鶴田静さん(エッセイスト)」、『東京新聞』2013年08月06日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「戦場の軍法会議―日本兵はなぜ処刑されたのか [著]NHK取材班、北博昭 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年08月04日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/52821967

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「ヘイトスピーチ問題:6割以上知らず…大学生ら意識調査」、『毎日新聞』2013年08月09日(金)付。:

« 覚え書:「【自著を語る】『宮沢賢治の菜食思想』 鶴田静さん(エッセイスト)」、『東京新聞』2013年08月06日(火)付。 | トップページ | 覚え書:「戦場の軍法会議―日本兵はなぜ処刑されたのか [著]NHK取材班、北博昭 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年08月04日(日)付。 »