« 覚え書:「恋歌 [著]朝井まかて」、『朝日新聞』2013年09月15日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:本村凌二・評 『チーズと文明』=ポール・キンステッド著」、『毎日新聞』2013年09月22日(日)付。 »

書評:上丸洋一『「諸君!」「正論」の研究 保守言論はどう変容してきたか』岩波書店、2011年。


101


上丸洋一『「諸君!」「正論」の研究 保守言論はどう変容してきたか』岩波書店、読了。本書は戦後保守の代表的オピニオン雑誌を材料に、戦後の言論・思想状況の変遷を明らかにする。核武装論や靖国と東京裁判のほか、それぞれの創刊者の対比(池島信平と鹿内信隆)など話題は多岐にわたる。

興味深いのは、二誌にも「まとまな」時代があったこと。『諸君!』は09年休刊になったが、ここ二十年来の論調は、論敵への無理筋ともいえる根拠なき過剰な批判が殆どで、もともとあった柔軟性とは対照的。著者は休刊は「堕落の果て」と批判する。

ためにする過剰な噛みつきは、やがてバランスを欠き、「オピニオン」の看板とは裏腹に下品な雑誌に成り下がった。しかしこの二誌の軌跡は雑誌空間に限定されるものではなく、今やちまたに溢れている。安倍首相と同年の著者の描く本書は時代の鏡だ。

Resize1529


『諸君!』『正論』の研究――保守言論はどう変容してきたか
上丸 洋一
岩波書店
売り上げランキング: 522,027


|

« 覚え書:「恋歌 [著]朝井まかて」、『朝日新聞』2013年09月15日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:本村凌二・評 『チーズと文明』=ポール・キンステッド著」、『毎日新聞』2013年09月22日(日)付。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53365667

この記事へのトラックバック一覧です: 書評:上丸洋一『「諸君!」「正論」の研究 保守言論はどう変容してきたか』岩波書店、2011年。:

« 覚え書:「恋歌 [著]朝井まかて」、『朝日新聞』2013年09月15日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚:本村凌二・評 『チーズと文明』=ポール・キンステッド著」、『毎日新聞』2013年09月22日(日)付。 »