« 覚え書:「記者の目:田中正造没後100年=足立旬子(科学環境部)」、『毎日新聞』2013年09月12日(木)付。 | トップページ | 覚え書:「福島と原発―誘致から大震災への五十年 [著]福島民報社編集局 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »

覚え書:「海辺の恋と日本人―ひと夏の物語と近代 [著]瀬崎圭二」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。


301_2

-----

海辺の恋と日本人―ひと夏の物語と近代 [著]瀬崎圭二
[掲載]2013年09月08日

 今でこそリア充が集う場となっている海水浴場だが、明治時代、日本でこの習慣が始まった当初は、湯治のような医療行為の一つと受け止められていた。それが恋の場所となっていく。変遷を、漱石から石原慎太郎「太陽の季節」、雑誌「ポパイ」、松本隆に至るまでの文学、映画、雑誌、歌やマンガから読み解く。すでに明治30年代に海水浴はレジャーとしての意味合いが強くなっており、当時の小説でも、男女の出会いの場としての描写が登場している。大正時代にはスポーツとしても注目され、戦後になると、南国リゾート風、アメリカンなイメージで描かれる。描写の違いはあるものの、「恋愛の場としての海」は100年前から変わらない。
    ◇
 青弓社・1680円
    --「海辺の恋と日本人―ひと夏の物語と近代 [著]瀬崎圭二」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。

-----


[http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013090800007.html:title]


Resize1501

海辺の恋と日本人: ひと夏の物語と近代 (青弓社ライブラリー)
瀬崎 圭二
青弓社
売り上げランキング: 265,775

|

« 覚え書:「記者の目:田中正造没後100年=足立旬子(科学環境部)」、『毎日新聞』2013年09月12日(木)付。 | トップページ | 覚え書:「福島と原発―誘致から大震災への五十年 [著]福島民報社編集局 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53278500

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「海辺の恋と日本人―ひと夏の物語と近代 [著]瀬崎圭二」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。:

« 覚え書:「記者の目:田中正造没後100年=足立旬子(科学環境部)」、『毎日新聞』2013年09月12日(木)付。 | トップページ | 覚え書:「福島と原発―誘致から大震災への五十年 [著]福島民報社編集局 [評者]保阪正康」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »