« 覚え書:「ライス回顧録―ホワイトハウス 激動の2920日 [著]コンドリーザ・ライス [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「海辺の恋と日本人―ひと夏の物語と近代 [著]瀬崎圭二」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »

覚え書:「記者の目:田中正造没後100年=足立旬子(科学環境部)」、『毎日新聞』2013年09月12日(木)付。


101

-----

記者の目:田中正造没後100年=足立旬子(科学環境部)
毎日新聞 2013年09月12日 00時20分

 「公害の原点」と呼ばれる栃木県・足尾銅山の鉱毒事件で、被害者救済に半生をささげた政治家、田中正造(1841-1913年)が亡くなって今年でちょうど100年。

 「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」

 「デンキ開けて世間暗夜(あんや)となれり」

 経済成長優先の近代文明を鋭く批判した言葉は、100年たっても色あせない。それどころか、東京電力福島第1原発事故後、正造の生き方や思想が再評価されている。

 足尾銅山では、明治政府の富国強兵政策の下、外貨獲得の柱として銅の大増産が古河財閥によって進められた。山の木々は燃料用に伐採されたうえ、製錬時に出る有毒ガスのため枯れて、大雨のたび、鉱毒を含んだ土砂が下流の渡良瀬川沿岸に流れ出た。稲は立ち枯れ、魚は死滅、人々は健康被害に苦しんだ。沿岸住民は「押し出し」と呼ばれる請願運動を繰り返し、国会議員の正造は、国会で国に銅山の操業停止や対策を迫った。しかし、日露戦争に突き進む国は銅生産を優先したため、天皇に直訴を試みた。

 盛り上がる世論を鎮めるため、国は鉱毒を沈殿させる名目で最下流域の旧谷中村(栃木県)に遊水地建設を計画した。正造は谷中村に移り住み、最期まで住民とともに反対運動を展開したが、村は強制的に破壊され、遠くは北海道へ移住を余儀なくされた。

 鉱毒の被害地では、田畑の土の上と下を入れ替える「天地返し」や、汚染された表土を削り取って積み上げる「毒塚」が作られた。命を育む大地が汚染され、何の罪もない人々が故郷を追われた。弱い立場の人たちにしわ寄せがくる構図は原発事故も同じだ。

 ◇「自然を征服」は人間のおごり

 正造が批判したのは、何でもカネに換算する価値観だ。科学技術の力で自然を征服できると考えるのは人間のおごりだと主張した。また「少しでも人の命に害があるものを、少しぐらいは良いと言うなよ」と、人命の尊重が何にも勝ると訴えた。軍備を全廃し、浮いた費用で世界中に若者を派遣し、外交による平和を構築することも唱えた。正造の思想に詳しい小松裕熊本大教授(日本近代史)は「ガンジーよりも早く、非暴力、不服従を実践した」と評価する。

 だが、軍国主義の時代に戦争に反対し、経済成長ではなく、人命を優先せよとの正造の訴えを支持する人は一部だった。運動の資金調達に奔走している最中、渡良瀬川沿岸で倒れ、支援者の家で亡くなった。終焉(しゅうえん)の地の8畳間を代々保存する庭田隆次さん(79)は「今はたくさんの人が見学に来るが、見向きもされない時代も長かった」と話す。

 正造の警句は生かされず、約50年後、今度は水俣病が発生した。化学工場のチッソ水俣工場(熊本県水俣市)で、廃液に含まれていた水銀が不知火海を汚染し、汚染された魚を多く食べた人たちが中枢神経を侵された。しかしチッソも国も生産を優先して対策を怠り、被害が拡大した。

 2020年五輪は東京で開催されることが決まった。だが、福島第1原発の汚染水漏れについて「状況はコントロールされている」と説明した安倍晋三首相に、福島の漁業者や避難生活を送る人々から厳しい目が向けられていることも忘れてはならない。

 ◇国民にも向かう厳しいまなざし

 私財を運動に投じた正造の全財産は、信玄袋に入った大日本帝国憲法と聖書、日記帳、石ころなどわずかだった。死の間際に「見舞客が大勢来ているようだが、うれしくも何ともない。正造に同情してくれるか知らないが、正造の事業に同情して来ている者は一人もない」と言い残したという。また「俺の書いたものを見るな。俺がやってきた行為を見よ」とも言っていた。

 正造と鉱毒事件を研究する「渡良瀬川研究会」の赤上剛副代表(72)は「正造の事業とは鉱毒事件解決だけではない。憲法に基づき、国家が国民の生命と生活をきちんと守るよう、政治も含め社会の仕組みを変えようとした」と話す。

 厳しいまなざしは、国民にも向けられた。採石のため山容が変わるほど削られた霊山「岩船山」(栃木県)を引き合いに「今の政治に今の国民を見る」と嘆いた。

 今月4日の正造の命日に、出身地の栃木県佐野市で法要が営まれた。始まってすぐに雨が激しくなり、雷が何度も鳴り響いた。100年たって日本は経済大国になったが、山や川が荒らされ、人の命が軽んじられている。政治家は、国民は、何をやっているのかと、正造が-咤(しった)しているように感じた。一人一人が何ができるかを考え、行動を起こせ--。雷鳴が胸に刺さった。
    --「記者の目:田中正造没後100年=足立旬子(科学環境部)」、『毎日新聞』2013年09月12日(木)付。

-----

[http://mainichi.jp/opinion/news/20130912k0000m070134000c.html:title]

Resize1495


Resize1496


田中正造――未来を紡ぐ思想人 (岩波現代文庫)
小松 裕
岩波書店
売り上げランキング: 76,994


真の文明は人を殺さず
小松 裕
小学館
売り上げランキング: 100,311

|

« 覚え書:「ライス回顧録―ホワイトハウス 激動の2920日 [著]コンドリーザ・ライス [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「海辺の恋と日本人―ひと夏の物語と近代 [著]瀬崎圭二」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53278347

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「記者の目:田中正造没後100年=足立旬子(科学環境部)」、『毎日新聞』2013年09月12日(木)付。:

« 覚え書:「ライス回顧録―ホワイトハウス 激動の2920日 [著]コンドリーザ・ライス [評者]渡辺靖」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「海辺の恋と日本人―ひと夏の物語と近代 [著]瀬崎圭二」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »