« 覚え書:「書評:海に生きる 海人の民族学 秋道 智彌 著」、『東京新聞』2013年09月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「首里城への坂道―鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像 [著]与那原恵 [評者]鷲田清一」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 本当にこのままでいいのか」、『毎日新聞』2013年09月13日(金)付。


101


-----

みんなの広場
本当にこのままでいいのか
高校生 18(埼玉県川越市)

 東京電力福島第1原発で相次ぐ汚染水漏れ事故の対応として、政府は関係省庁で作る現地対策事務所を設け、担当職員を常駐させることを決めた。
 震災後、政治家は名ばかりの組織を乱立させ満足しきっているように思える。予算の関係で汚染水を保管するタンクは、長く耐えられないほど簡易的に作られているという。なぜ頑丈な物を国を挙げて用意しないのか。その場しのぎの考えは通用しない。
 政府は汚染水対策に470億円を投入すると決めたものの、これまでどうでもいい所に金が流れて一番切迫した所に金が流れない。それなのに増税して金を集めようとしている。
 安倍晋三首相は経済強化に固執しているが、大切なものが見えていない。この自己で、この先地球環境が大きく左右されるかもしれない。腰をすえて考えねばならないこの状況で、原発輸出を進めるとはあきれてしまう。この人をトップに選んだ国民に問う。本当にこのままでいいのか。
    --「みんなの広場 本当にこのままでいいのか」、『毎日新聞』2013年09月13日(金)付。

-----

Resize1491

Resize1488

|

« 覚え書:「書評:海に生きる 海人の民族学 秋道 智彌 著」、『東京新聞』2013年09月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「首里城への坂道―鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像 [著]与那原恵 [評者]鷲田清一」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53249949

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 本当にこのままでいいのか」、『毎日新聞』2013年09月13日(金)付。:

« 覚え書:「書評:海に生きる 海人の民族学 秋道 智彌 著」、『東京新聞』2013年09月08日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「首里城への坂道―鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像 [著]与那原恵 [評者]鷲田清一」、『朝日新聞』2013年09月08日(日)付。 »