« 覚え書:「みんなの広場 満蒙開拓団の悲劇を知る」、『毎日新聞』2013年9月18日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「恋歌 [著]朝井まかて」、『朝日新聞』2013年09月15日(日)付。 »

覚え書:「今週の本棚・新刊:『沖縄の自立と日本』=大田昌秀・新川明・稲嶺惠一・新崎盛暉、著」、『毎日新聞』2013年09月22日(日)付。


301


-----

今週の本棚・新刊:『沖縄の自立と日本』=大田昌秀・新川明・稲嶺惠一・新崎盛暉、著
毎日新聞 2013年09月22日 東京朝刊

 (岩波書店・2205円)

 副題は「『復帰』40年の問いかけ」。元県知事と前県知事、沖縄大名誉教授、元沖縄タイムス会長が、論考と座談会で沖縄の歴史をひもとき、あるべき将来を展望した。

 沖縄の行政とジャーナリズム、アカデミズムを代表する4人の「ヤマト=本土」批判は激烈だ。いわく、沖縄にとって日本は帰るべき「祖国」だったのか。日本政府は沖縄の人々を人間扱いせず、モノ扱いしてきた。日本はアメリカの従属国で、沖縄はその日本の植民地のようなもの。本土の人間は防衛を沖縄に任せて知らんふりしている……。

 オピニオンリーダーたちのこうした指摘は、もろもろの問題を内包する米軍基地の多くを、沖縄に任せたままでいる私たちヤマト人の良心を揺さぶってくる。また、稲嶺は「米軍基地がなければ、沖縄は経済的に立ちゆかない」というありがちな思い込みに、データを示して反論している。

 日本国からの「独立」についての可能性とプロセスなどについては、4人の間に温度差がにじむ。だが、沖縄ではヤマトへの不信感、怒りのマグマが鬱積していることを痛感させられた。(栗)
    --「今週の本棚・新刊:『沖縄の自立と日本』=大田昌秀・新川明・稲嶺惠一・新崎盛暉、著」、『毎日新聞』2013年09月22日(日)付。

-----


[http://mainichi.jp/feature/news/20130922ddm015070044000c.html:title]


Resize1531

沖縄の自立と日本――「復帰」40年の問いかけ
大田 昌秀 新川 明 稲嶺 惠一 新崎 盛暉
岩波書店
売り上げランキング: 22,952

|

« 覚え書:「みんなの広場 満蒙開拓団の悲劇を知る」、『毎日新聞』2013年9月18日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「恋歌 [著]朝井まかて」、『朝日新聞』2013年09月15日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53365657

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚・新刊:『沖縄の自立と日本』=大田昌秀・新川明・稲嶺惠一・新崎盛暉、著」、『毎日新聞』2013年09月22日(日)付。:

« 覚え書:「みんなの広場 満蒙開拓団の悲劇を知る」、『毎日新聞』2013年9月18日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「恋歌 [著]朝井まかて」、『朝日新聞』2013年09月15日(日)付。 »