« 覚え書:「書評:風に吹かれて 鈴木 敏夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。 | トップページ | 日記:2013年度パピルス賞:植木雅俊訳註『梵漢和対照・現代語訳 維摩経』岩波書店。 »

覚え書:「書評:祝島のたたかい 上関原発反対運動史 山戸 貞夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。


201_2

-----

祝島のたたかい 上関原発反対運動史 山戸 貞夫 著

2013年10月6日


写真
◆生死の問題、非暴力で
[評者]安渓遊地=山口県立大教授
 原発新規立地を止め続ける島として注目を集める山口県上関(かみのせき)町祝島(いわいしま)。その住民運動の三十一年を島の当事者が語る。中国電力上関原発予定地の海は生物多様性の宝庫でもある。その自然との共存を果たしながら、たゆみなく反対運動を続ける島人たちの強さの秘密がわかる好著。
 原発予定地は島の集落から三・五キロ。事故が荒天に重なれば避難はできない。この「生き死にの問題」に対し、漁を休んでの連日の阻止行動や何十日もの二十四時間体制の見張りと千百回を超えた月曜デモの持続。巨大な組織と金とのたたかいは息をのむ出来事の連続である。
 著者は祝島漁協組合長として海の男をまとめ、女性たちの信頼も得た。逮捕者を出さないため、女が先頭にたつ「口撃」。夜通しの見張りがそのまま井戸端会議になり、予定地の「散歩」が工事車両を止める。祝島の編み出した非暴力の戦術の数々は、住民運動を地域で持続させるための教科書そのものだ。
 「島に生き、島に住み、島で一生を送りたい」という切なる願い。地域の特性を生かし、希望と誇りに満ちた島を子や孫の世代に手渡す具体的な計画にも触れている。巻末には推進側との緊迫のやりとりや女性たちのユーモアたっぷりの座談会なども収録。福島第一の事故後に雨後の筍(たけのこ)のように現れた原発本と一線を画する、いま必読の実践の書である。
(岩波書店・2205円)
 やまと・さだお 1950年生まれ。元祝島漁協組合長。著書『祝島日誌』。
◆もう1冊
 山秋真著『原発をつくらせない人びと』(岩波新書)。祝島の反原発運動のルポ。島の歴史や風土、文化も描かれる。
    --「書評:祝島のたたかい 上関原発反対運動史 山戸 貞夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。

-----

[http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2013100602000176.html:title]


Resize1590


祝島のたたかい――上関原発反対運動史
山戸 貞夫
岩波書店
売り上げランキング: 19,931

|

« 覚え書:「書評:風に吹かれて 鈴木 敏夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。 | トップページ | 日記:2013年度パピルス賞:植木雅俊訳註『梵漢和対照・現代語訳 維摩経』岩波書店。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53566686

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「書評:祝島のたたかい 上関原発反対運動史 山戸 貞夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。:

« 覚え書:「書評:風に吹かれて 鈴木 敏夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。 | トップページ | 日記:2013年度パピルス賞:植木雅俊訳註『梵漢和対照・現代語訳 維摩経』岩波書店。 »