« 覚え書:「海外で建築を仕事にする―世界はチャンスで満たされている [編著]前田茂樹 [評者]隈研吾」、『朝日新聞』2013年10月06日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:どっこい大田の工匠たち 町工場の最前線 小関 智弘 著」、『東京新聞』2013年10月13日(日)付。 »

覚え書:「みんなの広場 理屈いらない、戦争はごめんだ」、『毎日新聞』2013年10月07日(月)付。


101_2


-----

みんなの広場
理屈いらない、戦争はごめんだ
主婦 89(福岡県築上町)

 なぜ戦争はなくならないのか。それは人間の限りない欲望のせいか、それとも人間の生き方、文化のらん熟のせいだろうか。戦争は勝っても負けても大きな損失である。たとえ勝っても次ぎに何かが起こって勝利が何らかの形で逆転することもある。
 先の太平洋戦争でも苦しみを味わった時代の人は少なくなり、戦争を知らない人はその恐ろしさは知らないだろう。
 時代は異なり、今の戦争がどんなに激しく無惨なものかは、とても比べものにはならないと考える。
 日本を相手を知らなさすぎた。兵器のみでなく、広大な土地。生活。言葉。
 何も知らないまま、食料の補給さえままならぬ大国に攻め入った。また、南方まで手を広げ、挙げ句に国民を悲しみの底に沈ませたのである。
 われわれの年代は年をとった。理屈はいらない。戦争はごめんだ。
    --「みんなの広場 理屈いらない、戦争はごめんだ」、『毎日新聞』2013年10月07日(月)付。

-----


102_2

Resize1605


|

« 覚え書:「海外で建築を仕事にする―世界はチャンスで満たされている [編著]前田茂樹 [評者]隈研吾」、『朝日新聞』2013年10月06日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:どっこい大田の工匠たち 町工場の最前線 小関 智弘 著」、『東京新聞』2013年10月13日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53600014

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「みんなの広場 理屈いらない、戦争はごめんだ」、『毎日新聞』2013年10月07日(月)付。:

« 覚え書:「海外で建築を仕事にする―世界はチャンスで満たされている [編著]前田茂樹 [評者]隈研吾」、『朝日新聞』2013年10月06日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:どっこい大田の工匠たち 町工場の最前線 小関 智弘 著」、『東京新聞』2013年10月13日(日)付。 »