« 書評:マーク・ユルゲンスマイヤー(立山良司監修、古賀林幸、櫻井元雄訳)『グローバル時代の宗教とテロリズム いま、なぜ神の名で人の命が奪われるのか』明石書店、2003年。 | トップページ | 覚え書:「書評:風に吹かれて 鈴木 敏夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。 »

覚え書:「ヘイトスピーチ賠償命令:『人種差別で具体的損害』」、『毎日新聞』2013年10月08日(水)付。


401


-----


ヘイトスピーチ賠償命令:「人種差別で具体的損害」
毎日新聞 2013年10月07日 22時16分(最終更新 10月08日 00時10分)

 京都朝鮮第一初級学校(京都市)の校門前で行われた街頭宣伝などを人種差別と認定し、約1226万円の損害賠償を命じた7日の京都地裁判決は、「人種差別が具体的損害を生んだ場合に初めて賠償を命じられる」との判断枠組みを示した。その上で、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」による街宣によって、学校が混乱の対応に費やした時間や労力を損害と認定し、賠償額を算定した。いわゆるヘイトスピーチ(憎悪表現)に対し、違法性と人種差別を認めた司法判断は初めて。

 在特会の街宣について、橋詰均裁判長は「著しく侮蔑的な発言を伴い、在日朝鮮人の人権を妨げる目的がある」と批判し、人種差別撤廃条約が禁じる人種差別に当たると指摘。ただ、「単に人種差別行為がされたというだけで賠償を命じることは、新たな立法なしにはできない」と述べた。

 今回のケースは、業務妨害や名誉毀損(きそん)などの損害が発生しているとして、民法に基づき損害賠償を命じられると判断。賠償額については「人種差別に対する効果的な保護、救済となるよう定めなければならず、高額とならざるを得ない」と述べ、差別的行為に厳しい姿勢を示した。

 在特会側は「街宣は公益性があり違法でない」と反論したが、判決は「実力行使を伴う威圧的な態様で、公益を図る目的の表現行為とは到底言えない。いわゆる悪口だ」と退けた。

 また判決は、在特会側が街宣の様子を撮影した映像をインターネットで公開したことについても「差別意識を世間に訴える意図のもとに公開した」と述べ、不法行為に当たるとした。

 訴訟は同校を運営する京都朝鮮学園が、在特会と元メンバーら9人を相手に、3000万円の賠償と半径200メートル以内での街宣禁止を求め、判決は街宣も禁じた。判決によると、メンバーらは2009年12月-10年3月、3回にわたり「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「何が子どもじゃ、スパイの子やんけ」などと拡声機で怒号を浴びせた。【石川淳一、松井豊】
    --「ヘイトスピーチ賠償命令:『人種差別で具体的損害』」、『毎日新聞』2013年10月08日(水)付。

-----


一面トップでしたので記録として残しておきます。

[http://mainichi.jp/select/news/20131008k0000m040086000c.html:title]


402


Resize1593


|

« 書評:マーク・ユルゲンスマイヤー(立山良司監修、古賀林幸、櫻井元雄訳)『グローバル時代の宗教とテロリズム いま、なぜ神の名で人の命が奪われるのか』明石書店、2003年。 | トップページ | 覚え書:「書評:風に吹かれて 鈴木 敏夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53566669

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「ヘイトスピーチ賠償命令:『人種差別で具体的損害』」、『毎日新聞』2013年10月08日(水)付。:

« 書評:マーク・ユルゲンスマイヤー(立山良司監修、古賀林幸、櫻井元雄訳)『グローバル時代の宗教とテロリズム いま、なぜ神の名で人の命が奪われるのか』明石書店、2003年。 | トップページ | 覚え書:「書評:風に吹かれて 鈴木 敏夫 著」、『東京新聞』2013年10月06日(日)付。 »