« 覚え書:「今週の本棚:高樹のぶ子・評 『書簡集 1812-1876』=ジョルジュ・サンド著」、『毎日新聞』2013年10月27日(日)付。 | トップページ | 書評:山崎亮『コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる』学芸出版社、2011年。 »

覚え書:「今週の本棚・新刊:『ガガーリン 世界初の宇宙飛行士、伝説の裏側で』=J・ドーラン、P・ビゾニー著」、『毎日新聞』2013年10月27日(日)付。


12


-----

今週の本棚・新刊:『ガガーリン 世界初の宇宙飛行士、伝説の裏側で』=J・ドーラン、P・ビゾニー著
毎日新聞 2013年10月27日 東京朝刊

 (河出書房新社・2520円)

 人類が初めて宇宙に出て半世紀余。お金さえあれば誰でも宇宙旅行に応募できる時代となった。その礎を築いたひとりが、世界初の宇宙飛行士ガガーリンだ。著者ドーランらは、当時の同僚やKGB関係者にインタビュー。一夜にして英雄となった男の光と闇をスリリングに描く。

 ガガーリンの伝記といえば、自伝『宇宙への道』(江川卓訳、新潮社)が知られる。だが、この“公式本”は当時のソ連政府の意向を強く反映し、宇宙船技術と体制の賛美に終始している。対して本書は、宇宙船ボストークが大気圏再突入の際、激しく回転し、ガガーリンが一時意識を失いそうになったり、カプセルのハッチが地上7キロの高度で吹き飛んだりした事実を明かす。

 そして、何よりも彼の人生と国家との関係に着目する。ソ連の宣伝塔として世界を引き回され、そのうっ憤晴らしの末に飛びおり事件を起こすガガーリン。後ろ盾のフルシチョフと設計技師長コロリョフを失い、新たな名誉を追う後継ブレジネフ体制で、同僚コマロフをソユーズ事故で失うガガーリン。独裁国家のくびきにつながれた英雄の生々しい記録がここにある。=日暮雅通訳(広)
    --「今週の本棚・新刊:『ガガーリン 世界初の宇宙飛行士、伝説の裏側で』=J・ドーラン、P・ビゾニー著」、『毎日新聞』2013年10月27日(日)付。

-----


[http://mainichi.jp/feature/news/20131027ddm015070016000c.html:title]


Resize1669

ガガーリン ----世界初の宇宙飛行士、伝説の裏側で
ジェイミー・ドーラン ピアーズ・ビゾニー
河出書房新社
売り上げランキング: 104,514


|

« 覚え書:「今週の本棚:高樹のぶ子・評 『書簡集 1812-1876』=ジョルジュ・サンド著」、『毎日新聞』2013年10月27日(日)付。 | トップページ | 書評:山崎亮『コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる』学芸出版社、2011年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53770665

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚・新刊:『ガガーリン 世界初の宇宙飛行士、伝説の裏側で』=J・ドーラン、P・ビゾニー著」、『毎日新聞』2013年10月27日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚:高樹のぶ子・評 『書簡集 1812-1876』=ジョルジュ・サンド著」、『毎日新聞』2013年10月27日(日)付。 | トップページ | 書評:山崎亮『コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる』学芸出版社、2011年。 »