« 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『繁栄の呪縛を超えて-貧困なき発展の経済学』=J=P・フィトゥシ、E・ローラン著」、『毎日新聞』2013年10月20日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:物語 朝鮮王朝の滅亡 金 重明 著」、『東京新聞』2013年10月20日(日)付。 »

日記:ほんと、「おれのことば」なんてないですよ。

101


慶應義塾大学出版会より『井筒俊彦全集』刊行が始まったので、すこしだけ書いておきます。

[http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766420722/:title]

「『神秘哲学』初版と人文書院版、著作集版の間の重要な校異を収録」。

井筒さんの神秘とは、人間存在そのものへの肉薄のプロセスだし、どこまでも言語を離れないという非・恣意性の極地だから、この刊行は時代を画することになると思う。

俗に、公定国語教育みたいなものが「自分の言葉で語りなさいw」っていうけど、量子論を引くまでもなく、無から何かをポン!みたいなオリジナリティなんてある訳ではない。

テクストに忠実に向き合うことで、実際のところ、訓詁とは似て非なるものが現出するのだと思う。

窮極の「おれのことば」は「わたしは○○(名前)である」という自己同定の独白だけしかない。

ほんと、「おれのことば」なんてないですよ。

わたしたちの目の前にひろがり、語り継がれた言葉を、どう、担い立つかどうかだけの話ですよね。

アカデミズム批判の代表が「象牙の塔」とかいうけど(ほんで、そういうパターンはあると思うけど)、現実には、一言一句と向き合うと、社会と隔絶するどころか、根柢的な批判を持ち合わせることが必然されると思いますね。

ほんと、井筒俊彦先生から学んでいかなければならない。

Resize1631

アラビア哲学 一九三五年 ― 一九四八年 (井筒俊彦全集 (第一巻))
井筒 俊彦 木下 雄介
慶應義塾大学出版会
売り上げランキング: 129,698
神秘哲学 一九四九年― 一九五一年 (井筒俊彦全集(第二巻))
井筒 俊彦 木下 雄介
慶應義塾大学出版会
売り上げランキング: 58,161

|

« 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『繁栄の呪縛を超えて-貧困なき発展の経済学』=J=P・フィトゥシ、E・ローラン著」、『毎日新聞』2013年10月20日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:物語 朝鮮王朝の滅亡 金 重明 著」、『東京新聞』2013年10月20日(日)付。 »

哲学・倫理学(現代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記:ほんと、「おれのことば」なんてないですよ。:

« 覚え書:「今週の本棚:中村達也・評 『繁栄の呪縛を超えて-貧困なき発展の経済学』=J=P・フィトゥシ、E・ローラン著」、『毎日新聞』2013年10月20日(日)付。 | トップページ | 覚え書:「書評:物語 朝鮮王朝の滅亡 金 重明 著」、『東京新聞』2013年10月20日(日)付。 »