« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『出口なお 女性教祖と救済思想』=安丸良夫・著」、『毎日新聞』2013年11月17日(日)付。 | トップページ | 書評:三谷太一郎『学問は現実にいかに関わるか』東京大学出版会、2013年。 »

覚え書:「今週の本棚:荒川洋治・評 『瀬戸内海のスケッチ』=黒島伝治・著」、『毎日新聞』2013年11月17日(日)付。


201_2

-----

今週の本棚:荒川洋治・評 『瀬戸内海のスケッチ』=黒島伝治・著
毎日新聞 2013年11月17日 東京朝刊

 (サウダージ・ブックス・2100円)

 ◇ひろく深く目を向ける作家の静かな名編

 黒島伝治(一八九八-一九四三)の作品一〇編を収録。山本善行選。代表作を収めた岩波文庫『渦巻ける烏(からす)の群 他三篇』(一九五三・改版一九七三、現在二十五刷)とは重複しない。

 黒島伝治は香川県小豆島の貧しい農家に生まれた。地元の醤油(しょうゆ)会社に勤めたあと、早稲田の予科に入った年に召集される。苛酷なシベリア出兵の体験をもとに「橇(そり)」(一九二七)「渦巻ける烏の群」(一九二八)など一連の反戦小説を書き、高い評価をうけた。最後の十年は肺患悪化のため、ほとんど筆をとることなく郷里小豆島で亡くなる。四十四歳の若さだった。

 この『瀬戸内海のスケッチ』は地元の刊行でもあり、主に小豆島が舞台。「砂糖泥棒」「まかないの棒」などは貧しい農村に材をとるが、密度は高い。表題作「瀬戸内海のスケッチ」は、「無花果(いちじく)がうれた。青い果実が一日のうちに急に大きくなってははじけ、紅色のぎざぎざが中からのぞいている」という初秋の景色から、台風の話へ。下駄(げた)船が難破して、海面に下駄が散乱。それをみなで拾い集める。「赤塗りの下駄、主人の下駄、老人のよそ行き、等々家族みなのを集めて行く者」も。下駄屋のおかみさんまでかけつけるようすをスケッチする。文章の構成がすばらしい。「「紋」」は、老夫婦と、猫の話。

 <古い木綿布で眼(め)隠しをした猫を手籠から出すとばあさんは、

「紋よ、われゃ、どこぞで飯を貰(もろ)うて食うて行け」と子供に云(い)いきかせるように云った。

 猫は、後へじりじり這(は)いながら悲しそうにないた。>

 「紋」という猫を、捨てに行く場面。これが最初の文章だ。紋は、よその家から食べ物を盗むので、近所から文句をいわれる。風呂を借りる家からも冷たくされ、一か月も風呂をもらうことができないので、仕方なく捨てることに。遠くの村へ捨てても、紋は戻って来る。本土へ運んでいったとき、紋は海に落ちて死ぬ。猫のようすは、ほんの少ししか出ない。なのに文章全体からここで起きることのすべてが見えてくる。そんな書き方だ。小説は描くことではない。もっと別のところで、だいじなものを静かにあたためるものなのかもしれない。

 中編「田園挽歌(ばんか)」。貧しい家から来た嫁、お十が一応のヒロインだが、そのうちに少しずつ人影がふえて支点が移動。絵巻物のような展開をとおし、心の歪(ゆが)みが映しだされていく。「「紋」」も「田園挽歌」も現代の小説を読むときのように、物語の首尾を見いだすことはむずかしい。全体から、にじみでるもの。作者はそれを求めた。「本をたずねて」は、東京でのこと。列車の窓から落っことした一冊の本を線路際(高田馬場・目白間の西側・ここをぼくも歩いてみたい)へ探しに行く。表紙が、そしてあきらめかけたときページをつけた本体が見つかるというものだ。こうした素朴で単純な話と思われるものにも、もっと向こうの世界とのふれあいを求めるような空気がある。その空気を通して、人が生きること、時を過ごすことの感興がしみいるように伝わるのだ。これは巻末の名編「雪のシベリア」(一九二七)の手法にもつながる。見るだけではない。見えないことにもひろく深く目を向ける人なのだと思う。

 黒島伝治は、どんなときにも心に強く残るものを書いた。『黒島伝治全集』全三巻(筑摩書房・一九七〇)は、近代文学屈指の個人全集である。本書『瀬戸内海のスケッチ』を開く人が、いつの日か初期の名作「電報」「二銭銅貨」に出会うとしたら、そこからまた、あらたな一日が始まることだろう。
    --「今週の本棚:荒川洋治・評 『瀬戸内海のスケッチ』=黒島伝治・著」、『毎日新聞』2013年11月17日(日)付。

-----


[http://mainichi.jp/shimen/news/20131117ddm015070024000c.html:title]


Resize1768

瀬戸内海のスケッチ―黒島伝治作品集
黒島 伝治 山本 善行
サウダージブックス
売り上げランキング: 39,330


|

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『出口なお 女性教祖と救済思想』=安丸良夫・著」、『毎日新聞』2013年11月17日(日)付。 | トップページ | 書評:三谷太一郎『学問は現実にいかに関わるか』東京大学出版会、2013年。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/53999363

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚:荒川洋治・評 『瀬戸内海のスケッチ』=黒島伝治・著」、『毎日新聞』2013年11月17日(日)付。:

« 覚え書:「今週の本棚・新刊:『出口なお 女性教祖と救済思想』=安丸良夫・著」、『毎日新聞』2013年11月17日(日)付。 | トップページ | 書評:三谷太一郎『学問は現実にいかに関わるか』東京大学出版会、2013年。 »