« 書評:小林秀雄『読書について』中央公論新社、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『うな丼の未来 ウナギの持続的利用は可能か』=東アジア鰻資源協議会日本支部・編」、『毎日新聞』2013年11月24日(日)付。 »

覚え書:「今週の本棚・新刊:『スズメ つかず・はなれず・二千年』=三上修・著」、『毎日新聞』2013年11月24日(日)付。

3


-----

今週の本棚・新刊:『スズメ つかず・はなれず・二千年』=三上修・著
毎日新聞 2013年11月24日 東京朝刊

 (岩波科学ライブラリー・1575円)

 茶と黒が入り交じった羽に薄茶の腹、地味な外見ながら、ちゅんちゅんと可愛らしい鳴き声で日本人に親しまれてきたスズメ。庭で跳ねていたり、軒先でさえずっていたり、こんな身近な鳥はないだろう。だが、はたしてわれわれはどれだけスズメのことを知っているだろうか。本書は、誕生から人間との関わり、そして未来まで、軽妙な語り口でこの小さき鳥を解説する。

 まず著者は「スズメはもっとも変な鳥」と、軽いジャブを繰り出す。日本には約600種もの鳥が記録されているのに、「人にべったりなのは、スズメとツバメくらい」というのだ。「スズメが恐竜である」とも挑発する。恐竜の一部が鳥の祖先となり、さらにスズメのご先祖様がアフリカで生まれたという。

 理系の話だけではない。古くは天若日子(あめのわかひこ)の葬式で米をつく役としてスズメが『古事記』に登場し、最近は鳴き声にちなみ、カップルが夜結ばれたことを暗示する「朝ちゅん」なる言葉があることも紹介される。毎朝の通勤・通学路、頭上を飛ぶスズメたちの姿にふと足を止め、その行き先を目で追いかけてしまいたくなりそうだ。(広)
    --「今週の本棚・新刊:『スズメ つかず・はなれず・二千年』=三上修・著」、『毎日新聞』2013年11月24日(日)付。

-----

[http://mainichi.jp/shimen/news/20131124ddm015070077000c.html:title]

Resize1797


|

« 書評:小林秀雄『読書について』中央公論新社、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『うな丼の未来 ウナギの持続的利用は可能か』=東アジア鰻資源協議会日本支部・編」、『毎日新聞』2013年11月24日(日)付。 »

覚え書」カテゴリの記事

コメント

The most obvious benefit of sex in a sauna will be the not enough oxygen, which generates a heightened sensitivity. The heat also increases blood flow about the body, which also heightens the sensation within your extremities.
black friday sunglasses http://www.web-hosting-report.com/blackfriday/black-friday-sunglasses.html

投稿: black friday sunglasses | 2013年11月27日 (水) 03時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451663/54037157

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書:「今週の本棚・新刊:『スズメ つかず・はなれず・二千年』=三上修・著」、『毎日新聞』2013年11月24日(日)付。:

« 書評:小林秀雄『読書について』中央公論新社、2013年。 | トップページ | 覚え書:「今週の本棚・新刊:『うな丼の未来 ウナギの持続的利用は可能か』=東アジア鰻資源協議会日本支部・編」、『毎日新聞』2013年11月24日(日)付。 »